よみうりランドにオープンする「Pokemon WONDER(ポケモンワンダー)」。視界を完全に遮るほど、深い霧の中を通るところから冒険は始まる
よみうりランドにオープンする「Pokemon WONDER(ポケモンワンダー)」。視界を完全に遮るほど、深い霧の中を通るところから冒険は始まる

 人の姿をすっぽりと覆い隠す濃霧の向こうは、ポケモンの世界だった――。

 今や世界的な人気を誇るゲーム「ポケットモンスター(通称ポケモン)」。その登場人物となり、謎解きをしながら、自然の中に隠れるポケモンを探す。「Pokemon WONDER(ポケモンワンダー)」という名の新感覚ネイチャーアドベンチャーが、2021年7月17日にスタートする。

 舞台は、東京の郊外。遊園地「よみうりランド」(東京都稲城市)の奥深くに広がる約4500平方メートルの森の中に、50種類を超えるポケモンたちが“解き放たれた”。

 「ここをイベントで使ったことは、記憶にない」。よみうりランド総支配人の曽原俊雄氏がそう振り返るように、少なくともこの20年間、手付かずだった“未開の地”が、「ポケモンの森」として再生された。

 ポケモンを探すと言っても、「ポケモンGO」のように、スマートフォンとAR(拡張現実)を組み合わせた最先端の遊びではない。草木をかき分け、時には泥まみれになりながら、自然の中を駆け回る、実に泥臭い仕掛けに満ちている。

ポケモンは自然と「同化」

 よみうりランドの入園口から歩いて10分ほど。参加者がまず向かうのは、「リサーチャーロビー」という小さな建物だ。ここイナギノモリ(稲城の森)でポケモン調査をしているクレソ博士と、助手のピカチュウから「ポケモンリサーチャー」として迎えられ、調査隊の一員になる。

ポケモンワンダーのスタート地点となる「リサーチャーロビー」
ポケモンワンダーのスタート地点となる「リサーチャーロビー」
ここでクレソ博士(左)とピカチュウから動画でオリエンテーションを受ける
ここでクレソ博士(左)とピカチュウから動画でオリエンテーションを受ける

 手渡されるのは、モンスターボールではない。ポケモン発見の手がかりが記された「調査ノート」とカメラである。壁面の黒板には見慣れない地図が描かれており、イラストや写真に交じって、解読不能な文字がしたためられていた。

 「深い霧に包まれて長い間、誰も立ち入れなかった」という森の中で、できるだけ多くのポケモンを見つけて撮影するのが今回のミッションだ。

続きを読む 2/5

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3415文字 / 全文4546文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「酒井大輔のトレンドストーリー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。