さいたま市の「ニトリホームズ宮原店」。オレンジ色に「ニトリ」の文字が入る看板が新鮮だ
さいたま市の「ニトリホームズ宮原店」。オレンジ色に「ニトリ」の文字が入る看板が新鮮だ

 おなじみの緑ではない。オレンジ色の「ニトリ」の看板が姿を現した。

 2021年6月11日、さいたま市にオープンした「ニトリホームズ宮原店」。ニトリホールディングス(HD)が島忠の「ホームズ宮原店」を全面改装し、ニトリを冠して再出発した。

 オレンジ色は「ホームズ」のブランドカラーである。しかし、その中身は大きく変わった。冷感寝具の「Nクール」や、ベッドマットレスの「Nスリープ」、レディースアパレルの「N+(エヌプラス)」、キッチン用品、生活家電など、店内はニトリの売れ筋PB(プライベートブランド)が勢ぞろい。ニトリの自社工場で生産した家具がそろう「NITORI STUDIO(ニトリスタジオ)」というコーナーまであった。

エスカレーターのすぐそばには「Nクール」の新作コレクションが展示されていた
エスカレーターのすぐそばには「Nクール」の新作コレクションが展示されていた
「ニトリスタジオ」では、ニトリの自社工場で製造した家具がそろう
「ニトリスタジオ」では、ニトリの自社工場で製造した家具がそろう

 ホームセンターが主体のホームズに、ニトリの商品が加わったから「ニトリホームズ」。約2100億円を投じたTOB(株式公開買い付け)を経て、島忠を傘下に収めたからこそできる、新しい店づくりだ。1階がホームセンター、2階がニトリを中心とした家具とホームファッション。計1万1864平方メートル(3589坪)の広い売り場に、ニトリと島忠のほぼ全商品を集めた。

 その数、約6万3820アイテム。マットレス一つをとっても約100アイテムあり、5万円に満たない「ニトリ価格」のPBから、島忠が仕入れる10万円超のシモンズ、フランスベッドまで幅広い。ソファ売り場には、カリモクも並んでいた。

 PBが中心のニトリと、NB(ナショナルブランド)を仕入れて売る島忠。それぞれの商品を、あらゆるジャンルで持ち寄ることで、ラインアップや価格帯に幅が出る。1人暮らしからファミリーまで、幅広い予算やニーズに応じた買い物ができるようにしたのだ。

島忠が仕入れた高級マットレスも購入できる
島忠が仕入れた高級マットレスも購入できる

 ニトリHDの似鳥昭雄会長は、ニトリホームズ1号店を評してこう言った。

 「新しい、本格的な、総合提案型の住生活の専門店が、日本で初めて生まれたんじゃないか」

続きを読む 2/4 可能性はあるが「じれったい」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2472文字 / 全文3515文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「酒井大輔のトレンドストーリー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。