コクヨの「Carry Campus(キャリーキャンパス)」は、撮影するだけでノートをスマートフォンに取り込み、編集できるアプリだ
コクヨの「Carry Campus(キャリーキャンパス)」は、撮影するだけでノートをスマートフォンに取り込み、編集できるアプリだ

 ノートをスマートフォンに入れて持ち運ぶ――。年間約1億冊を売り上げる「キャンパスノート」を展開するコクヨが2022年1月31日、「Carry Campus(キャリーキャンパス)」というスマホアプリをリリースした。

 ノートのページを撮影するだけで保存し、いつでもアプリの中で見返せる。さらに取り込んだページを編集して自分仕様にアレンジできる。その編集機能は、文房具メーカーらしく多彩だ。

 例えば「今だけペン」は、書いた字が3秒で消えるペン。繰り返し書いて覚える暗記学習に最適だ。覚えたい箇所に「暗記マーカー」を塗ったり、赤色の「暗記シート」で文字を隠したりすることも可能。暗記マーカーでチェックした回数は自動でカウントされる。

 「閲覧ヒートマップ」を使えば、ページ内でよく見た箇所、見落とし気味の箇所がサーモグラフィーのように色分けされて一目瞭然になる。「マジックスポイト」は、文字の色を吸い取ると、その色の文字が見えなくなる機能だ。この他、音声を録音して再生したり、「OK」「花丸マーク」といったスタンプを貼ったり、ページの順番を並べ替えたりと、自在にノートを編集できる。

アプリにはさまざまな編集機能が実装されている
アプリにはさまざまな編集機能が実装されている
[画像のクリックで拡大表示]

 このアプリのもう1つの売りは「学習カレンダー」にある。英語、数学、化学など科目ごとにノートを作成し、テストの予定とひもづけることで、本番に向けて計画的に勉強を進められるようになっているのだ。

科目ごとにノートを登録し、テストの予定とひもづけられる
科目ごとにノートを登録し、テストの予定とひもづけられる
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3110文字 / 全文3721文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「酒井大輔のトレンドストーリー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。