前東京五輪の水泳競技会場として建設された国立代々木競技場(1964年竣工、当時の名称は国立屋内総合競技場)が、国の重要文化財となることが内定した。今年5月21日、文化審議会(佐藤信会長)が同施設を重要文化財に指定するよう、萩生田光一文部科学相に答申した。同施設は第一体育館、第二体育館の2棟から成り、2棟ともが対象。答申通り告示されれば、重要文化財の中で最も新しい建造物となる。

国立代々木競技場第一体育館の吊り構造の屋根部分を見る(写真:大山 顕)

 今度のオリンピックではハンドボール会場として使われ、世界でも珍しい「二度の五輪」を経験した競技施設となる。今回はこの国立代々木競技場の建設過程を振り返りつつ、今度の東京五輪の施設整備に何が欠けていたかを考えたい。

吊り橋のような「二重の吊り構造」

上空から見た国立代々木競技場。上が第一体育館、下が第二体育館(写真:三島 叡)

 国立代々木競技場の設計者は故・丹下健三(1913~2005年)だ。設計当時は東京大学助教授で40代後半。完成した1964年には51歳だった。

 建築史家で建築家でもある藤森照信氏は、第一体育館について「メインケーブルからさらにケーブルを架け渡す二重の吊り構造は、モダニズム建築の構造表現の頂点」と評している(『建築家が選んだ名建築ガイド』、2005年、日経BP刊より)。

第一体育館の吊り構造のイメージ図(イラスト:宮沢洋)

 藤森氏の言う「二重の吊り構造」とは、上図のような「吊り橋」に似た構造だ。なぜ吊るのかというと、1つは吊ることで屋根を構成する鉄の量を減らすことができるから。もう1つは、室内側にくぼんだ形になるので、空調する気積を減らすことができる。もちろん、内部からの見え方がダイナミックであるというのも大きな理由だ。

 
続きを読む 2/3 重要文化財は通過点、目指すは世界遺産

この記事はシリーズ「五輪間近!新設スタジアム群に来た、見た、描いた」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。