今回の東京五輪・パラリンピックのために新設された大規模施設は、前回紹介した「国立競技場」のほかに3つある。これらはいずれも屋根で覆われた全天候型の競技施設で、関係者の間では「3大アリーナ」とも呼ばれている。

 3大アリーナは「東京アクアティクスセンター」「有明アリーナ」「有明体操競技場」の3つだ。今回はそれぞれの「造り方」に着目しつつ、見どころを紹介する。

東京アクアティクスセンター。2019年11月撮影(写真:宮沢洋)

 1つ目の「東京アクアティクスセンター」は、江東区の「辰巳の森海浜公園」内にある(東京都江東区辰巳2-2-1)。五輪・パラリンピックともに水泳の競技会場となる。発注者は東京都。大会時の席数は約1万5000席で、大会後は4階観客席の大部分を撤去し、約5000席に減らす。

 基本設計を山下設計が手掛け、実施設計と施工は大林組・東光電気工事・エルゴテック・東洋熱工業JVが担当した。整備費は大会後の改修費も含め567億円(工事費はいずれも2019年時点)。

地上で屋根を造ってリフトアップ

 建物の形は、「四角すいの上部を切断してひっくり返し、それを2つ重ねた形」といえば伝わるだろうか。屋根は約130m×約160mの長方形で、ほぼフラット。この施設のポイントは、この大屋根をどうやって架けたかだ。

東京アクアティクスセンター。この大屋根をどう架けたのか? 2021年6月撮影(写真:宮沢洋)

 大屋根は四隅にある「コア柱」の上に載っている。普通は柱を建ててから屋根を架けるが、ここでは屋根を造りながら柱も建てた。

 どういうことかというと、屋根を「屋根の高さ」ではなく、地上に置いて造ったのだ(「地組み」と呼ぶ)。基礎工事が終わった後、ただちに地上部で屋根の鉄骨を組み始める。屋根製作と並行して柱も建てる。両者の骨格ができた段階で、屋根を上に持ち上げる。4本のコア柱に各8本のワイヤを設置し、屋根を一気に吊り上げる。「リフトアップ工法」と呼ばれる手法だ。これだけ大きな屋根を一度にリフトアップするのは珍しい。

東京アクアティクスセンターの屋根の造り方(イラスト:宮沢洋)

 加えて、「屋根免震」という方法を採っているのも珍しい。屋根免震とは、地震の揺れを軽減する「免震装置」を、通常のように建物の足元に入れるのではなく、柱の最上部、屋根との間に入れる方法だ。この施設では、屋根に伝わる地震の加速度が80%カットされ、建物の骨組みを軽くすることができた。前述のリフトアップも当然、屋根が軽い方がやりやすいので、屋根免震と併せて検討された。それでも屋根の重量は7000トンに上る。

東京アクアティクスセンターの室内。手前がメインプールで、奥にダイビングプールが見える。どちらのプールにも、深さや広さを調整できる可動床、可動壁を備えている。2019年11月撮影(写真:宮沢洋)
続きを読む 2/3 片側で屋根を造って水平移動

この記事はシリーズ「五輪間近!新設スタジアム群に来た、見た、描いた」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。