「頭がいい人とそれ以外の人の違い」について、偏差値35から東大合格した僕(西岡壱誠)が考える本連載、今回のテーマは「ケアレスミスの防止法」です。

 みなさん、「小さなミスをしてしまうことに対して、どうすればいいかわからない!」と感じる場面って多いのではないでしょうか?

 ケアレスなミスって、どんなに気をつけていてもなかなかなくならないですよね。メールに書き間違いがあったり、送る人を間違えたり、英語でスペルミスをしてしまったり、数学の計算ミスをしてしまったり……僕たちはいろんなタイミングでケアレスミスをして、後悔してしまいます。

 一体どうすれば、そういうミスをなくすことができるのか?

 その答えは、「言い訳をすること」にあります。

ケアレスミス撲滅には「言い訳」が必要

 「言い訳」、というと、おそらく多くの人が「ええ、言い訳?」「言い訳するのはよくないんじゃないの?」と考えてしまうと思いますが、受験漫画『ドラゴン桜』ではまったく逆に、「勝者の言い訳をしろ!」ということが語られています。

続きを読む 2/5 言い訳のきちんとできる人間こそ成功する

この記事はシリーズ「元・偏差値35東大生が考える「頭がいい人は○○が違う!」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。