「頭がいい人とそれ以外の人の違い」について、偏差値35から東大合格した僕(西岡壱誠)が考える、このコラム。今回のテーマは「タイプ別の勉強法」です。

 「頭がいい人」がクリアすべき条件は数多くあると僕は思うのですが、なかでも「メタ認知」は重要なピースの一つです。「メタ認知」とは、要するに「己を知る」ということで、『ドラゴン桜2』で、桜木建二先生も言っています。

『ドラゴン桜2』第2巻・10限目「東大合格第一条「己を知る」」©Norifusa Mita/Cork
『ドラゴン桜2』第2巻・10限目「東大合格第一条「己を知る」」©Norifusa Mita/Cork

人は「保全型」と「拡散型」に分かれる

 『ドラゴン桜2』ではさらに、受験生が「己を知る」ためのツールとして「FFS理論」が紹介されています。

 「FFS」というのは、「Five Factors & Stress」の略称です。まったく同じシチュエーションが、ある人にとってはストレスで耐えられないのに、別の人には全然苦にならない、といったことがありますよね。このような個性による感じ方や行動の違いを5つの因子で説明するのがFFS理論で、組織心理学者の小林惠智博士が開発したものです。5つの因子とは、具体的には……

  • 保全性:維持しながら積み上げる力
  • 拡散性:飛び出していこうとする力
  • 弁別性:白黒はっきりさせる力
  • 受容性:無条件に受け入れる力
  • 凝縮性:自らの考えを固めようとする力

 ……の5つです。

 この5つのなかで、「保全性」と「拡散性」は、先天的に決まっている要素が強いそうです(逆にいえば、ほかの3因子は後天的な影響も強いということですね)。保全性と拡散性には相反するところがあり、人間はだいたい、保全性のほうが拡散性より強い「保全型」か、拡散性のほうが強い「拡散型」のどちらかに分けられます。

※ 漫画『ドラゴン桜2』や関連書籍、関連記事では、便宜的に「保全型」「拡散型」と表現しています。

 みなさんはどちらのタイプでしょう。『ドラゴン桜2』に、簡単な見分け方が載っているので、紹介しますね。

続きを読む 2/4 「本の読み方」だけでわかるタイプ診断

この記事はシリーズ「元・偏差値35東大生が考える「頭がいい人は○○が違う!」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。