「頭がいい人とそれ以外の人の違い」について、偏差値35から東大合格した僕(西岡壱誠)が考える、このコラム。今回のテーマは「アウトプット」です。

『ドラゴン桜2』第3巻・22限目「SNSを使え!」©Norifusa Mita/Cork

 「東大生はムダな努力を嫌う」という話を、このコラムで以前にしました(こちら の回です)。とはいえ、もちろん、何の努力もしないで結果が出せるわけもなく、結果につながる努力をしているのが頭のいい人、ということだと思います。 

 結果につながる努力には2つのポイントがあると僕は思っていて、それが「逆算」と「アウトプット」なんですが、今日は「アウトプット」について考えてみます。

勉強しているのに「偏差値35」だったのは、なぜ?

 僕はもともと偏差値35だったわけですが、そこから東大に合格したというと、こんなことを言われます。

「偏差値35といっても、それって全然勉強してなかったからでしょ?」
「勉強して成績が上がったんだから、地頭はよかったんじゃないの?」

 ……と。でも違うんです。全国模試が偏差値35だったのは高校3年生のときで、それまでの1年間、僕は少なくとも毎日1時間は机に向かって勉強していました。それでも成績が全然上がらずにつまずいてしまっていたのです。

 きちんと勉強しているのになぜ成績が上がらなかったのか?

続きを読む 2/5 「見るだけの勉強」では、頭はよくならない

この記事はシリーズ「元・偏差値35東大生が考える「頭がいい人は○○が違う!」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。