「頭がいい人とそれ以外の人の違い」について、偏差値35から東大合格して、ドラマ「ドラゴン桜」の脚本の監修などをしている僕(西岡壱誠)が、これまでに考えてきたことをお伝えする、このコラム。前回は、「分解力」の話をしました。

 僕が東大生を取材してきてわかったのは、頭がいい人は、どんな課題でも分解して捉えようとする思考習慣が身に付いている、という話でした。例えば、英語が苦手だとしても、漠然と「英語がわからない」と悩むのではなくて、「英単語を暗記するのが遅い」けれど「文章の構造を理解するのは早い」といった具合に、自分にとって「わかる部分」と「わからない部分」に分解していく、という思考習慣です。

 この分解力は、頭がいい人とそれ以外の人の違いとして、とても重要だと僕は考えています。だから今回はしつこいようですが、この話をさらに具体的に分解してみようと思います。

現役東大生が作った「わからない分解ノート」

 例えば、このノート。東大でも最難関の理科3類(医学部医学科)に合格した片山湧斗くんが、受験生時代に作っていた「わからない分解ノート」です(ご興味のある方は、『東大生のノートから学ぶ 天才の思考回路をコピーする方法』という本に詳しく解説されているので、ご参照ください)。

[画像のクリックで拡大表示]

 このノートでは、「数学の点数が伸びない」理由を、「苦手分野の存在」「時間が足りなくなる」「得意分野の取りこぼし」という3要素に分解したうえで、そこからさらに理由を深掘りしています。いわゆる「ロジックツリー」ですね。

 このように、東大生には、一つの課題に対して、複数の原因を挙げて分解するという思考習慣を持つ人が多くいます。なぜそうなるかというと、東大の入試問題を解くトレーニングのなかで「分解力」が身に付き、鍛えられているケースが多くあります。

分解力を高めてくれる「国立大学の2次試験問題」

 国立大学の2次試験は論述問題が多いのが特徴で、東大はその筆頭です。論述問題の採点は、「満点は10点! この答えが書けたら10点でそれ以外は0点!」というふうには決まりません。「○か×」かの二者択一ではなくて、「ここまで書けていたら2点」「ここまでだったら4点」「ここまでできたら8点」というように、「わかっている範囲」に応じて階段のように点数が与えられることが多いです。部分的でもいいから、わかるところを考えて、答案に書いていれば部分点がもらえる、という形式なのです。

 こういう問題に対処しようとすると、おのずと、自分にとって「わかる部分」「わからない部分」を分解するような思考を身に付ける必要があり、日々その訓練をすることになるわけです。だから東大生の場合、受験を通して分解する能力が高くなっていることが多い、ということです。

 このような思考習慣は、入試以外の場面でも応用が利きそうですよね。

続きを読む 2/3 「2重目標」を知っていますか?

この記事はシリーズ「元・偏差値35東大生が考える「頭がいい人は○○が違う!」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。