「だからあなたはバカなのだ!」

 「わからないんだから、どうしようもない」というのは、「逃げ」なんですよね。

 「わからない」ときには、「自分に何がわかっていないのか」を具体的に突き止めることが必要……。そのことに当時の僕も、さすがにうすうす気づいていたような気もします。けれど、「何がわからないかを突き止める」のが面倒で、見て見ぬふりして逃げていたのだと思います。「わからないところがわからないんだから、どうしようもない」という思考に逃げ込んでいたんです。

 漫画『ドラゴン桜』の5巻に、こんなシーンがあります。国語の特別講師の芥山龍三郎(あくたやま・りゅうざぶろう)先生が、東大を目指す水野直美と矢島勇介を街に連れ出し、いろいろな質問を投げかけます。

「ドラゴン桜」第5巻・44限目「屋外での授業」©Norifusa Mita/Cork
「ドラゴン桜」第5巻・44限目「屋外での授業」©Norifusa Mita/Cork
[画像のクリックで拡大表示]
「ドラゴン桜」第5巻・44限目「屋外での授業」©Norifusa Mita/Cork
「ドラゴン桜」第5巻・44限目「屋外での授業」©Norifusa Mita/Cork
[画像のクリックで拡大表示]
「ドラゴン桜」第5巻・44限目「屋外での授業」©Norifusa Mita/Cork
「ドラゴン桜」第5巻・44限目「屋外での授業」©Norifusa Mita/Cork
[画像のクリックで拡大表示]
「ドラゴン桜」第5巻・44限目「屋外での授業」©Norifusa Mita/Cork
「ドラゴン桜」第5巻・44限目「屋外での授業」©Norifusa Mita/Cork
[画像のクリックで拡大表示]

 駅の改札の案内表示に外国語があるという発見をきっかけに、「なぜ」をしつこく問い続ける芥山先生に、矢島が逆ギレします。駅の案内表示に外国語があろうとなかろうと「どうでもいいじゃん!」と。そんな矢島を、芥山先生は「だからあなたはバカなのだ!」と一喝します。

 なぜでしょう?

次ページ 思考停止がバカを生む