中小企業であるにもかかわらず、世界50カ国に販路を築いた会社がある。大手の寡占が進む国内市場を横目に、地道に独力で国外の販売代理店との提携を広げた。海外市場の開拓で重要なのは、必ずしも資金力の有無ではない。

千葉県流山市のアイオニックは海外販路の開拓に力を入れてきた歯ブラシメーカーだ

 中小企業の中には、大企業に負けず劣らずの「海外市場開拓力」を持つ会社もある。千葉県流山市で歯科用器具を製造するアイオニック(西川満社長)はその好例だ。

 看板商品はイオンの作用で歯垢(しこう)を取りやすくする歯ブラシ「KISS YOU」シリーズ。1994年の発売以来、累計で3億本以上を販売し、現在でも年間1000万本以上を売り上げるロングセラー商品だ。同社の特徴の一つは、海外市場で成果を上げていること。現在、売上高約8億円のうち15%を海外が占め、中小企業の売上高輸出比率(2017年度3.6%、中小企業白書)を大きく上回る。

 KISS YOUの中には電池が内蔵されており、柄を握ると微弱な電気が流れ、毛先からマイナスイオンが発生する。歯垢は唾液中のカルシウムなどのプラスイオンの作用で歯に吸着しているため、歯垢を落としやすくなるというのが売りだ。歯磨き粉を使わず強くこすらなくても、短時間で歯がツルツルになると評価するユーザーも多い。

タイへの輸出用にパッケージされたKISS YOU。現在は世界約50カ国で販売されているという

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1443文字 / 全文1984文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「中小企業をなめるな!「大きい=強い」理論の落とし穴」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。