「まともな仲介企業はほぼ存在しない」

 河野氏が指摘したことと逆の利益相反も起こりうる。譲渡額が高くなればなるほど、仲介業者が得る成功報酬の金額が高くなることが多く、売り手と仲介業にとっては価格が高い方が得だ。買い手はもちろん安い方がいいに決まっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1735文字 / 全文2996文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ガバナンスの今・未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。