不祥事や好業績の背景に潜むという「社風」。曖昧な存在だが、一朝一夕では変革が難しい社風を、どうつくり、維持していくのか。特集「『社風』とは何か」では、社風と向き合う企業の今を追っていく。連載第1回は稲盛和夫氏が1959年に創業した京セラ。「フィロソフィ」と呼ぶ独自の経営哲学をベースに自発的にチャレンジする社風を作り上げてきた同社が、社風改革に乗り出している理由は何か。

 稲盛和夫氏が1959年に創業した京セラ(当時は京都セラミツク)。「人間として何が正しいのか」「人間は何のために生きるのか」という根本的な問いに真正面から向き合い、人間性や社会貢献を追求する「フィロソフィ」と呼ぶ独自の経営哲学をベースに、小集団で部門別採算管理を徹底する「アメーバ経営」などの活動を推進。現場が主役となり、自発的にチャレンジする社風を醸成してきた。

2019年に開催された盛和塾の最後の世界大会(写真:共同通信)
2019年に開催された盛和塾の最後の世界大会(写真:共同通信)

 フィロソフィの信奉者は国内外に多数存在する。36年にわたって活動した「盛和塾」は、2019年の終了時点で国内56拠点、海外48拠点となり、塾生数は約1万5000人に上った。解散した今なお、実践する経営者は後を絶たない。

 だが、その「総本山」ともいえる京セラの谷本秀夫社長は、17年の経営トップ就任当初、真逆の危機感を抱いていた。「チャレンジ精神が現場から感じられなくなっている」

経営の根幹を成すアメーバ経営にきしみ

 谷本社長が危機感を抱く背景にあるのが、組織や事業の拡大だ。創業から60年以上が経過し、通期の連結売上高は今や1兆5000億円を超えた。個別事業の人員も増え、100人を超える部門も少なくない。

京セラの谷本秀夫社長は、現場のチャレンジ精神の低下に危機感を抱いていた
京セラの谷本秀夫社長は、現場のチャレンジ精神の低下に危機感を抱いていた

 これが経営の根幹を成すアメーバ経営にきしみを生じさせている。谷本社長は、「私が若いころは5~10人の同世代で活動していたので何でも言い合えた。でも今は小集団の規模も20~30人と多く、世代も18歳から60代まで幅広い。若い世代は『どうせ意見を言っても通らない』と、ものが言いづらくなっている」と明かす。京セラの成長をけん引するはずのアメーバ経営がむしろ「組織の硬直化につながっていた」(谷本社長)というわけだ。

 「フィロソフィは不変。だがアプローチは時代に合わせて変えていく」と谷本社長。若手を中心にチャレンジする社風を取り戻すべく、社長就任以降、新たな仕組みづくりを急いでいる。

続きを読む 2/2 好業績や不祥事の裏に潜む社風

この記事はシリーズ「ガバナンスの今・未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。