トヨタ自動車は7月20日、100%出資の販売子会社トヨタモビリティ東京(東京・港)が運営する「レクサス高輪」で不正車検があったと発表した。2021年6月までの約2年間にわたり、検査した車両のおよそ3分の1に当たる565台について、検査数値の書き換えや必要な検査の未実施があったという。3月にはネッツトヨタ愛知(名古屋市)の販売店でも5000台を超える大規模な不正車検が発覚し、行政処分が下ったばかりだった。相次ぐ不正の背景にあるのは、販売店が陥った「現場の疲弊」と「物言えぬ風土」という構図だ。

謝罪するトヨタモビリティ東京の関島誠一社長ら

 不正が起こったレクサス高輪は、高級車ブランド「レクサス」を取り扱う販売店。6月17日、国土交通省関東運輸局の監査で不正が発覚した。パーキングブレーキの利きやヘッドライトの明るさの検査で検査数値を基準値に書き換えたほか、排ガス成分やスピードメーターの精度を検査しなかったケースなどがあったという。

不正車検が発覚した「レクサス高輪」(写真:共同通信)

 不正の原因について、トヨタモビリティ東京の関島誠一社長は「人員や設備が十分でない中、時間短縮や請負う金額にこだわりすぎた。整備の現場が高負荷である状況を言い出せる風土ではなかった」と話した。レクサス高輪は他店舗に比べて入庫数が多く、1人当たりの作業量が多い店舗だという。残業も恒常化する一方で、現場がキャパオーバーしていることについて営業側とのコミュニケーションが取れていなかった。

 さらに現場を追い込んだのは、数字上の成果を最優先する価値観だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1195文字 / 全文1823文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ガバナンスの今・未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。