2月以降、2週間で計4回のシステムトラブルが発生したみずほフィナンシャルグループ(FG)が役職員11人の処分と再発防止策を公表した。第三者委員会の報告書では、企業風土に課題があることなどが問題視された。風通しの良い組織風土への転換を目指すが、課題は山積している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2079文字 / 全文2096文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ガバナンスの今・未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。