東京証券取引所上場の中堅ベンチャーキャピタル、フューチャーベンチャーキャピタル(FVC)が、経営陣と物言う株主(アクティビスト)の対立の舞台となっている。アクティビストは取締役7人全員の退陣を要求。14日、FVCの筆頭株主がアクティビスト側に付くことが判明した。FVCの株主総会を6月下旬に控え、攻防戦が激しくなりそうだ。

 まずここまでの経緯を簡単に振り返ろう。

 FVCは1998年創業の独立系のベンチャーキャピタル。2022年3月期の連結売上高は5億4600万円、純利益は1億4300万円だった。20年3月期まで7期連続で最終赤字を計上したが、21年3月期に黒字(2000万円)転換を果たしていた。

 FVCに激震が走ったのは4月7日だった。FVCはこの日、取締役7人全員の退陣を求める株主提案を個人投資家の金武偉氏から受け取ったと発表した。FVCの実質的な第2位株主である金氏は現経営陣の総退陣と合わせて、6月の株主総会で金氏自身を含む5人の取締役を選任するよう迫った。

FVCの経営陣と物言う株主が対立している(写真はFVCのホームページ)
FVCの経営陣と物言う株主が対立している(写真はFVCのホームページ)

 金氏はゴールドマン・サックス証券やJPモルガン証券に勤務した後、米ニューヨーク州弁護士。投資ファンドのユニゾン・キャピタルなどを経て、現在は自身が設立した投資会社代表などを務めている。

 彼の具体的な主張は後で紹介するが、FVCのビジネスモデルや運用方針について不満を表明している。この株主提案に対し、FVCは4月21日、反対の意見を表明。「地域金融機関や企業と組んでファンドを設立し、ベンチャー企業へ投資できる環境を提供している今のビジネスモデルは、一定の顧客満足度を得られている」と反論した。

 さらに「投資を通じてキャピタルゲイン(売買差益)、成功報酬を得ることを目的に、当社が意志を持って起業家を見つけ、投資リターンを上げていくことにも努めている」とした。両社の主張はすれ違い、他のFVC株主の対応が焦点となっていた。

 6月14日、事態は動いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2085文字 / 全文2914文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ガバナンスの今・未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。