ROE(自己資本利益率)8%超や株主との対話の重要性を唱えた「伊藤レポート」で知られる、一橋大学CFO教育研究センター長の伊藤邦雄氏(関連記事:「伊藤レポート」生みの親が憂う 理念を額縁にしまったままの日本企業。研究者としてだけではなく、自身もセブン&アイ・ホールディングスなどの社外取締役として経営に携わる。セブン&アイは、米アクティビスト(物言う株主)のバリューアクト・キャピタルが社外取締役の少なさや、スーパー事業の切り離しを訴えるなど緊張関係にある。株主とどう対話に臨んでいるのかを語った。

伊藤 邦雄[いとう・くにお]
伊藤 邦雄[いとう・くにお]
専門は会計学・ファイナンスやコーポレートガバナンス論、企業価値経営論など。一橋大学大学院商学研究科長・商学部長、一橋大学副学長を歴任。2014年に経済産業省のプロジェクトで、ROEは8%超が望ましいとした、いわゆる「伊藤レポート」を公表した。セブン&アイ・ホールディングス、東レ、小林製薬などの社外取締役を務める。19年5月よりTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)コンソーシアム会長(写真:的野弘路)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4328文字 / 全文4625文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ガバナンスの今・未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。