日本には一体何種類のハラスメントがあるのか。インターネットで「ハラスメント 種類」などと検索すると、中には80種類以上のハラスメントについて1つ1つ解説しているようなまとめサイトもある。

 日本における「ハラスメント」のはしりといえば1980年代後半から社会的に注目され始めた「セクシュアルハラスメント(セクハラ)」だろう。セクハラは欧米から日本に持ち込まれた言葉だが、2001年にハラスメント防止のコンサルティングなどを手掛けるクオレ・シー・キューブ(東京・千代田)が提唱し始め、今やすっかり市民権を得た「パワハラ」は実のところ和製英語だ。英語には「Workplace Bullying」という言葉があり、和訳すると「職場のいじめ」となるが、これはパワハラのような上下関係に限った話ではない。

 コロナ禍で新たに注目されるようになった「コロハラ」や「ワクハラ」など日本では今も「XXハラ」が増殖し続けている。これは略語が多い日本語ならではとも言えそうだ。50種類以上あるとされる日本のハラスメント用語を解説する。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

■連載予定 ※内容は予告なく変更する可能性もあります
(1)威圧的な説教に公私の拘束も、なぜパワハラはなくならないのか
(2)いつの間にか「パワハラ大国」のニッポン ハラスメント保険に殺到
(3)パワハラ上司予備軍かチェック、「グレーゾーン」に気を付けろ
(4)増殖する「XXハラ」を公開、これがハラスメント大全だ(今回)
(5)ネットフリックスなど先進企業に学ぶ、ハラスメント対策最前線
(6)トヨタ、パナソニックが得た教訓、人権意識向上待ったなし
(7)「表に出るようになったのは救いがある」、スペイン指導者が語る日本サッカー界の現状
(8)「パワハラは上司のエゴだ」、元パワハラ上司が変心できた理由
(9)「パワハラ防止法」が中小に適用拡大も、対策進まぬ現場
(10)パワハラ誕生から20年、名付け親が抱く懸念「救済から排除の言葉に」

パワー

 地位、知識、集団といった「力」を使ったハラスメント。パワハラというと上司から部下へのいじめ、嫌がらせのイメージが根強いが、定義はこれに限らない。例えば、ITリテラシーの高い若手社員がパソコンの使い方に疎い中高年社員に対し「そんなことも分からないでよく仕事できますね」と非難することは「知識」によるパワハラと言えるだろう。また、部下が徒党を組んで上司を無視するという行為は「集団」の力によるパワハラだ。

 以下のハラスメントは職場で起きる事例が特に多い。その代表例が「パワハラ」で、これらはその派生語であるとも言えるだろう。

[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り884文字 / 全文1974文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ガバナンスの今・未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。