4月4日に実施される東京証券取引所の市場再編。各企業による「プライム」「スタンダード」「グロース」の3市場への上場先が1月に出そろった。

 そんな中、栄養ドリンク剤「リポビタンD」を製造する大正製薬を傘下に持つ大正製薬ホールディングス(HD)が、世界的に活躍する企業が集うプライムではなく、国内事業を行う企業主体のスタンダードへの上場を選択したことに注目が集まっている。

 大正製薬HDは現在、東証1部に上場しており、プライム、スタンダード共に上場基準を満たしていた。海外にも拠点を持ち、年間売上高2800億円を誇る同社の決断は、スタンダード市場へ投資資金が流入する呼び水となるかもしれない。

東証1部の大正製薬ホールディングスは、プライムへの対応にかかる労力などを考慮し、スタンダード上場を選んだ(写真:アフロ)
東証1部の大正製薬ホールディングスは、プライムへの対応にかかる労力などを考慮し、スタンダード上場を選んだ(写真:アフロ)

「重要でないこと多い」

 「東証が示すプライム上場企業に求める対応について、我々が今まで重要だと考えていないことが多く含まれていた」。2月1日に開かれた2021年4~12月期決算説明会で、大正製薬の上原茂社長は「東証を悪く言うつもりはない」とした上で、こう語った。

 大正製薬にとって「重要ではない」こととは何を指すのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1988文字 / 全文2459文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ガバナンスの今・未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。