失われた30年の中で輝いた経営者を探る本特集。中興の祖ランキングで4位となったのが中外製薬の永山治氏だ。製薬業界の国際競争が激化するとみて、世界大手・ロシュとの資本提携を決断した。中外製薬は現在、時価総額で国内製薬首位にまで成長。経営トップに立ち続けた25年超を振り返っての思いを聞いた。

<span class="fontBold">永山治(ながやま・おさむ)氏</span><br />中外製薬名誉会長<br />1947年生まれ。71年慶応義塾大学商学部卒業後、日本長期信用銀行(現・新生銀行)入行。ロンドン支店勤務を経て、78年中外製薬入社。85年開発企画本部副本部長、87年常務、89年副社長を経て92年社長。2012年会長兼CEO(最高経営責任者)、18年会長。20年3月から現職。同年7月から取締役会議長として東芝の再建に携わったが、21年の株主総会で退任した(写真:吉成大輔)
永山治(ながやま・おさむ)氏
中外製薬名誉会長
1947年生まれ。71年慶応義塾大学商学部卒業後、日本長期信用銀行(現・新生銀行)入行。ロンドン支店勤務を経て、78年中外製薬入社。85年開発企画本部副本部長、87年常務、89年副社長を経て92年社長。2012年会長兼CEO(最高経営責任者)、18年会長。20年3月から現職。同年7月から取締役会議長として東芝の再建に携わったが、21年の株主総会で退任した(写真:吉成大輔)

1992年、中外製薬の社長に就任されました。当時の状況や問題意識はどのようなものでしたか。

中外製薬・永山治名誉会長(以下、永山氏):まず、製薬会社というのは特殊なビジネスです。景気の影響を受けにくく、一度新薬を世に出せば、特許が切れるまで10年ほどは安定した売り上げが見込める。ただ裏を返せば、10年後に再び新薬を出すことができなければ、売り上げがゼロになる可能性もあるわけです。

 私がトップに就任した当時、足元の経営が傾いていたわけではありません。しかし、創薬のための研究開発費は年々増加する半面、新薬開発の成功率はどんどん低くなっていく状況にありました。さらに、国内の薬価は下がり、世界市場に占める日本の割合もジリジリと小さくなっていました。

 製薬会社の成長を決めるのは、新薬を生み出せるかどうかの一点です。10年後、20年後も新しい薬を生み出し続ける仕組みを作ること。そのために中外製薬を国際化させ、世界で戦える企業にすること。この2つが私に課せられた大きな使命でした。

2001年には、スイスの製薬大手ロシュの傘下入りという大きな決断をしました。

永山氏:ロシュと資本提携した狙いも、まさにそこです。世界を相手にしようとも、自前でやり切るにはコストに限界がありました。米タフツ大学のレポートによれば、10年までの10年間で1つの新薬を生み出すのに必要な研究開発費が3000億円程度だったという試算もあります。

 当時の中外製薬は、年間の研究開発費が全社で400億円ほど。規模を大きくするためには合併でもしない限り難しいだろうと、自ら提携の道を模索しました。

次ページ 「おとぎ話」と疑問視された資本提携