北欧の小国、デンマークから生まれた再生可能エネルギー会社、オーステッドが世界市場を席巻している。もとは北海の石油・ガス生産と、石炭火力発電事業が主力のエネルギー会社だった。

 大きな決断をしたのは08年。温暖化防止の世界的な潮流と欧州での規制強化が経営陣を後押しした。当時のアンダース・エルドラップCEO(最高経営責任者)がそれまで小規模に展開していた洋上風力発電事業に投資を集中させることを決断。石炭火力発電所の閉鎖を決め、各国政府の補助を受けながら大規模な洋上風力発電所の建設を始めた。

オーステッドの洋上風力発電所
オーステッドの洋上風力発電所

 ところが、12年ごろには欧州の債務危機などで、各国が財政出動を縮小。政府からの補助削減で洋上風力への投資から撤退するエネルギー会社があるなか、オーステッドはコスト削減に活路を見いだす。

 大規模なサイトを開発し、全ての部品のコストを削減するために調達、建設、運用、保守の全ての工程を見直した。初期からオーステッドと市場を開拓してきた独シーメンスは当時としては最大規模の6メガワットの風力発電機を開発し、コスト削減を進めた。

 結果として、12年には1メガワット時当たり167ユーロ(約2万2400円)だった発電コストが19年には56ユーロ(約7500円)と66%も削減した。オーストテッドによると、このコストは他の化石燃料や原子力の発電コストより安い。このようなコスト競争力で、同社は世界最大手の地位に上り詰め、売上高に占める化石燃料事業の割合が20年には1%まで低下した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1799文字 / 全文2444文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「企業が挑む、エネルギー維新」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。