この記事は日経メディカル Onlineにコラム「三浦和裕の『地区医師会感染症担当理事のホンネ(折々グチ)』」として8月12日に配信したものを、日経ビジネス電子版に転載しています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種は進んでいるものの、感染拡大がとまらない。

 品川区内の65歳以上の接種率は1回目が85.9%、2回目が74.4%(8月4日現在)。しかし、都内の感染者数は急増しており、感染拡大にはデルタ株の影響が強いといわれている。

 予防接種の進行と変異株の流行により、ワクチン接種後の感染(ブレイクスルー感染)の広がりが危惧される。今までは、介護施設の利用者Aさんが陽性になると、感染対策した上で、症状が出現したBさんを次に気を付けていればよかった。ワクチン接種後の無症候性感染者が増えてくると、症状がない元気なCさん、Dさんも実は陽性、という状態になる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1882文字 / 全文2283文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新型コロナと闘う「医療最前線」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。