新型コロナワクチンの早期接種が「その街に住む価値」を高める

写真上から、生理食塩液、生理食塩液を吸ってワクチンのバイアルに入れるためのシリンジ、ファイザー製の新型コロナワクチン(コミナティ)入りバイアル、そこから吸って接種するためのシリンジ(上は話題になった、1バイアルから6人分取れるタイプ)。正しい容量で生理食塩水をバイアルに移して、瓶の蓋に触れないように混ぜ合わせ(転倒混和)、空気を抜いて正しい容量で接種用シリンジ5~6本に分けて吸い上げる。どの作業でも、手順や容量、置き場所を間違えたらワクチンが無駄になってしまう。希釈の手順の動画はこちらこちらなどを。
閉じる