6月10日時点で高齢者の69%(1万8133人)が新型コロナワクチン接種を終え、2回目の接種率も2割を超えている東京・小金井市。地元の医療関係者が、かかりつけの診療所でも集団接種会場でもその中核を担う「小金井メソッド」について関係者に聞いていくこのインタビュー、第3回、第4回では、集団接種会場の運営を担当する会社、フォズベリーの方に、医師会、市役所と民間企業がどのようにチームを組んでいくのかを伺っています。

 集団接種会場でも高効率かつスムーズに接種を進めている小金井市のノウハウは、最近一気に話題になっている「職域接種」でも活かせるところがありそうです。そこでインタビューの後に、同社の方に「集団接種会場運営時に役立ちそうなノウハウ」をお聞きしました。最後のページ(記事内でページを飛ばすリンクが作れず、申しわけございません)にまとめましたので、ご活用ください。(Y)

東京・小金井市のワクチン接種会場(2021年5月)

市役所、医師会と運営会社がフラットに手を組む

―― 前回に引き続き、新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場(以下、特記なき限りワクチンは新型コロナウイルスワクチンを指します)の運営を担当されているfosbury(フォズベリー)の方にお話を伺っています。医師会の方とは前向きなオーバーラップをお互いにできているとのことですが、市役所の方とはどうですか。

桑原裕部長(以下、桑原):市役所の方は、「役割としてはハブなので、必要な情報を適宜提供し、調整する」というスタンスを取ってくださって、実はこれもすごくありがたかった。本当にハブに徹してくださって、過剰なオーバーラップはしない。「こういう案件が出ました。運営サイドからはどう思われますか。医師会サイドはどう思われますか」というふうに、物事を円滑に進めるためのファシリテートをしてくれていると思います。あとは、市長がこの1週間実はずっと現場に実際に出てきていて、気になるところをご指摘いただくとか。

―― でも偉い人の指摘なんてどうせ大したことないでしょう。

桑原:いや、それが結構的を射ていて。

―― 本当ですか(笑)。

桑原:よくある偉い人に取り巻きの方がぞろぞろ連れ立って、という感じじゃなくて、2人ぐらいで来られて、「ここってちょっと気になるんですけど、どういうふうなお考えでこうされているんでしょうか」って、質問をされるんですね。それで議論があって、そういうことなんですねといって納得してお帰りになる。

―― あら、すてき。

桑原:フラットに本音でお話ができていると思います。

―― 医師会の方とは、桑原さん、岡田さんから見ていかがですか。

桑原:医師会の方々は、本当に、会場に置いてあるもの1個1個について、ちゃんと言及してくださるんです。「オペレーションの順番はこっちのほうがいいんじゃないか」「スタッフの立ち位置は、こうしたほうがやりやすい」という要望をストレートに言ってくださって。もちろん、可能なこと、不可能なことがありますので、「これはできる」「これはできないけれど、こういうやり方なら対応可能」といった、直接的なコミュニケーションが取れているのは、うまくいっている要因かなと思います。

 岡田がずっと話し合いを進めてきて、初めて僕も小金井市に伺ったときなんですが、実際の会場を使って簡単なシミュレーションをしましょうというところに呼ばれて三澤(多真子)先生(その1、その2を参照)と初めてお会いしたんですけど、終わった後のディスカッションをしている最中、「こうしたほうがいいと思います」と僕が発言したところ、「あ、それいいですね」と。

―― 打ったら響いたと。

桑原:「もうプロがそう言うなら、じゃあ、お任せします。ありがとうございます」と言われて、僕としてはもう、最初からびっくりだったんですよ。

―― 具体的な例では?

桑原:「観察30分と診断された人の体に直接シールを貼って目立つようにする」というアイデアをぱっと採用してくださいましたね。大きなものとしては、会場のレイアウトの大幅な変更、具体的に言うと会場の順路を当初と逆回転にしたことがあります。

―― どういうことでしょう。

続きを読む 2/6 「医師会のリーダーシップ」の意味

この記事はシリーズ「新型コロナと闘う「医療最前線」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。