前回までの調査から、偽AirPods Proの開発者は、本物の周波数特性を分析して意図的に音を似せていることが明らかになった。続いて、この偽物をiPhoneとBluetooth接続してみた。

 偽AirPods Proを記者の手持ちのiPhoneとBluetoothで接続した。すると、なんとiPhoneがAirPods Proだと認識した。偽物の開発者はBluetoothのメッセージなどを分析して、iPhoneに偽物が本物のAirPods Proだと認識させることに成功しているのだ。もちろんこのまま音楽を流すこともできるし、ANC(アクティブノイズキャンセリング)機能で外音除去することや、きょう体のステム部分をつまんで操作することも可能である。ユーザビリティーまで模倣していた。

iPhoneをあざむく偽AirPods Pro
[画像のクリックで拡大表示]
iPhoneをあざむく偽AirPods Pro
iPhoneが偽物をAirPods Proと認識した。AirPods ProとiPhoneの間のメッセージングをコピーしているようだ。なお、この接続試験は電波が外部に漏れないよう環境を整えてから実施した。(写真:日経クロステック)

 ただし、本物と比べて音質は明らかに劣る。音づくりのプロであるオーツェイド(群馬県高崎市) 代表取締役社長の渡部嘉之氏が試聴したところ、偽物の音の悪さや低音の弱さを指摘した。記者のような音響素人が聴いても、偽物はボヤッとした音が鳴るのが分かった。低音が出ていないのは、イヤホンのきょう体から空気漏れしていたためである。低音を出すにはきょう体の密閉が必要で、これは「10µm単位で調整する」(渡部氏)繊細な作業だ。偽物はその技術が未熟だったようである。実際、試聴中の偽物は隣の人に聞こえるほど音漏れがひどかった。

続きを読む 2/3

この記事はシリーズ「日経クロステック」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。