ただよく見比べると、箱の色合いや素材が微妙に違っているのが分かる。正規品の方は同じ白でもアイボリーに近く高品質な素材を使っているが、偽物は純粋なホワイト。素材も子供がお絵かきに使う画用紙のようで安っぽい。さらにフォントが少し違ったり、印刷にかすれがあったりする。ただ、そうした点に気づくのはあえて違いを見つけようとしているからで、単体で渡されたら、本物だと思うに違いない。

偽物(左)と本物(右)のケース外観(3)
偽物(左)と本物(右)のケース外観(3)
「AirPods Pro Wireless Charging Case」と書いてある。偽物の方が、微妙に文字が細い。(撮影:加藤康)
[画像のクリックで拡大表示]
偽物(左)と本物(右)のケース外観(4)
偽物(左)と本物(右)のケース外観(4)
底面の比較。偽物にもかかわらず「©2019 Apple Inc. All rights reserved.」の文字が。(撮影:加藤康)
[画像のクリックで拡大表示]

 箱を開けると違いが出てくる。まず、箱のふたの内側。丁寧に作られた本物と異なり、偽物は紙が薄い上に折り込みにも隙間がある。製品全体の重量は正規品が240gで模倣品が175gだが、この重量差分のほとんどが外箱に由来していた。

偽物(左)は箱の組み立て方が雑
偽物(左)は箱の組み立て方が雑
偽物の箱の内側は、粗雑さが目立つ。(撮影:加藤康)
[画像のクリックで拡大表示]
偽物(上)と本物(下)の製品構成
偽物(上)と本物(下)の製品構成
左から、外箱のふた、身箱、梱包材、取扱説明書、充電ケーブルとイヤーピース、イヤホン実機。(撮影:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]