スマートフォンアプリで決済や送金が手軽に利用できるサービス「pring(プリン)」を運営するpring社は2021年7月13日、米Google(グーグル)による買収を発表。大きな驚きをもたらした。グーグルの狙いはpringが得意とする「送金」にあるといえそうだが、外資系のIT大手の動きが国内の事業者にも影響を与え、金融デジタル化の波が一層加速しそうだ。

決済よりも送金に強みを持つpring

 QRコード決済を主体としたスマートフォン決済サービスが大きな注目を集めて久しいが、それらの中で目立っているのは、「PayPay」「d払い」など大きな資本力を持つ携帯電話大手が提供するサービスである。だがそれ以外にも堅調に事業を伸ばして注目を集めているサービスがいくつかあり、その1つがpringである。

決済サービスの「pring」のWebサイト。pringはスマートフォンアプリを用いた決済サービスであるが、どちらかといえば個人間の送金に強みを持つサービスとして知られる
決済サービスの「pring」のWebサイト。pringはスマートフォンアプリを用いた決済サービスであるが、どちらかといえば個人間の送金に強みを持つサービスとして知られる
(出所:pring)
[画像のクリックで拡大表示]

 pring社はフィンテックやデジタルマーケティングなどを手掛けるメタップスの持分法適用関連会社。そしてpringはスマートフォンアプリとして展開されているデジタルウォレットサービスである。QRコードによる決済も利用可能だが、使える店舗は大手のサービスと比べると少なく、大規模キャンペーンなどを展開しているわけでもないことから、決済分野では目立つ存在とはいえない。

 一方で、強みを持っているのが送金である。pringは手数料無料で相手に送金できるのに加え、チャット機能を備えており、お金を送る相手とコミュニケーションを取りやすい仕組みを整えるなど、個人間送金に力が入れられている。送金されたお金は決済での利用も可能だが、ひも付けた銀行口座や、セブン銀行のATMなどから出金できるなど現金化しやすいのも特徴で、月1回であれば手数料無料で出金可能となっている。

 またpring社は送金の強みを生かし、個人向けだけでなく、法人向けにも「業務用プリン」というサービスを提供している。こちらは企業から個人に対して安価な手数料で、かつスピーディーに送金できる仕組みを備えている。社員の経費精算や、個人への報酬支払い用途として採用が進んでいるようだ。

続きを読む 2/3 狙いは「Google Pay」の送金サービス実現か

この記事はシリーズ「日経クロステック」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。