5Gはアートを変えるか、「東京ビエンナーレ」に見る新しい表現への期待

椿昇氏の作品「TOKYO BUDDHA」は、ビルの谷間にブッダが次々と落下し、最後には溶けて金塊になるという表現を、AR技術と「PLATEAU」のデータを使って実現している。写真は2021年6月29日の「東京ビエンナーレ2020/2021」に出展するARアートの共同開発に関する記者説明会より(筆者撮影)

閉じる