グーグルは性能向上、サムスン電子はアプリが狙いか

 しかし、なぜWear OS by GoogleとTizenを統合する必要があったのだろうか。グーグルとサムスン電子、それぞれの狙いは統合後の新OSの内容から見えてくる。

 Google I/Oの基調講演では、新OSのメリットとして大きく3つの要素が挙げられていた。1つ目はパフォーマンスの向上、2つ目はバッテリー持続時間の改善、そして3つ目は開発者のコミュニティーの活性化である。このうちグーグルが必要としていたのは1つ目と2つ目であろう。

統合後の新OSは、パフォーマンスの向上、バッテリー持続時間の改善、開発者コミュニティーの活性化という3つのメリットがあると説明された。画像は米国時間の2021年5月18日に実施された「Google I/O 2021」のスクリーンショット
統合後の新OSは、パフォーマンスの向上、バッテリー持続時間の改善、開発者コミュニティーの活性化という3つのメリットがあると説明された。画像は米国時間の2021年5月18日に実施された「Google I/O 2021」のスクリーンショット
[画像のクリックで拡大表示]

 Wear OS by Googleは汎用のOSということもあって多くのスマートウオッチに採用されているが、シェアは決して高いとは言えず米Apple(アップル)の「Apple Watch」シリーズにはるかに及ばない状況が続いている。その要因はいろいろ考えられるが、スマートウオッチはスマートフォンより小型で制約が多いこともあり、アップルが自社開発のデバイスであるApple Watchに最適化したOSと比べ、パフォーマンスやバッテリーなどの面で劣る部分があったことも要因の1つといえるだろう。

 そうしたことからグーグルは、Wear OS by Googleのシェアを高めるにはパフォーマンス面での根本的な改善が要ると判断。スマートフォン分野ではグーグルに近しい関係にあり、スマートウオッチでも一定のシェアを獲得しているサムスン電子の協力を得るに至ったといえる。

 一方のサムスン電子が必要としていたのは、3つ目の開発者コミュニティーであろう。サムスン電子は自社の融通が利きやすいTizenの採用によって、スマートウオッチのパフォーマンスを高めることには成功しているが、一方で他にTizenを採用するメーカーが存在しないことに加え、やはりスマートウオッチのシェアではアップルに及ばないことから、アプリ開発者の支持を得るのが難しい状況にあった。

サムスン電子のスマートウオッチ最新機種「Galaxy Watch3」。独自性を打ち出せるTizenの採用で高いパフォーマンスを誇る一方、アプリ数や開発者の支持という面では不利な部分があった
サムスン電子のスマートウオッチ最新機種「Galaxy Watch3」。独自性を打ち出せるTizenの採用で高いパフォーマンスを誇る一方、アプリ数や開発者の支持という面では不利な部分があった
(出所:サムスン電子)
[画像のクリックで拡大表示]

 だがWear OS by Googleは、グーグルが提供する豊富なアプリ群に加え、Androidで培った開発者のコミュニティーを持つことからアプリも充実している。そうしたことからOSの統合によってハードウエアに集中し、自社スマートウオッチで使えるアプリの充実を図りたいというのがサムスン電子の狙いといえそうだ。

次ページ 新OSによる反転攻勢でアップルの牙城を崩せるか