ようやく黎明期を脱したVR、スマートフォンが主役になれなかった理由

サムスン電子は2015年から、同社製のスマートフォンを装着してVRコンテンツが楽しめる「Gear VR」に力を入れてきたが、2019年以降は対応するスマートフォンを投入していない。写真は2015年8月13日の「Galaxy Unpacked 2015」より(筆者撮影)

閉じる