ようやく黎明期を脱したVR、スマートフォンが主役になれなかった理由

ケーブル接続の必要がなく、3万円前後と比較的低価格なスタンドアローン型VR用HMDの登場で、コンシューマー向けVRの市場は拡大傾向にある。写真は2021年3月にJR東日本スタートアップが実施した「VRを使った未来の物産展from青森」より(筆者撮影)

閉じる