IoTでも高まる映像伝送のニーズ

 そうしたローカル5Gを主体とした法人向けの5G活用で、注目されているのはやはりIoTであろう。無線ネットワークとIoTを活用した企業向けのソリューションは以前から注目されており、これまでにも省電力かつ広域で実現できるLPWA(Low Power Wide Area)を活用したソリューションが注目を集めてきた。

 とりわけ携帯電話のネットワークを用いた「セルラーLPWA」は、主にスマートメーターや機械に取り付けるセンサーのデータ送信用途などで活用されることが多かった。通信するデータの量が少なく高速大容量通信は求められないが、広い範囲をカバーし長期間メンテナンスをする必要なく、継続的な通信ができるというニーズにセルラーLPWAがマッチしていたが故だろう。

2019年の「CEATEC JAPAN 2019」に展示されていた、京セラとUCC上島珈琲が開発したオフィス用コーヒー抽出システムのIoT実証機。セルラーLPWAの1つ「LTE Cat.M1」を用いてカプセルの消費や在庫を管理するというもので、送られるデータ量自体は小さい(筆者撮影)
2019年の「CEATEC JAPAN 2019」に展示されていた、京セラとUCC上島珈琲が開発したオフィス用コーヒー抽出システムのIoT実証機。セルラーLPWAの1つ「LTE Cat.M1」を用いてカプセルの消費や在庫を管理するというもので、送られるデータ量自体は小さい(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 だが5GにおけるIoTでは、そのニーズが変化してきているようだ。5Gでは4Gより一層の「高速大容量通信」ができることが大きな特徴となることから、それを生かしてカメラを活用した映像解析へのニーズが高まっているのだ。

 映像解析は異常を検知する監視用途だけでなく、その場所を訪れた人の顔などから男女や年齢などを判別するリサーチ用途、ロボットや車に取り付けたカメラを活用する運行制御用途など、その活用範囲は非常に広い。そうしたことから映像の高速伝送ができる5Gによって、クラウドやAIなどを活用した映像解析ソリューションのニーズが高まると見られているのだ。

NTTドコモが久留米工業大学と共同開発している「対話型AI自動運転車いす」。車いすに搭載されたカメラの映像を5Gで伝送し、オペレーターが遠隔で運転する仕組みを備える。5Gの高速大容量通信と低遅延という両方の特徴を生かしている。写真は2021年3月5日の「Minatomirai 5G Conference」より(筆者撮影)
NTTドコモが久留米工業大学と共同開発している「対話型AI自動運転車いす」。車いすに搭載されたカメラの映像を5Gで伝送し、オペレーターが遠隔で運転する仕組みを備える。5Gの高速大容量通信と低遅延という両方の特徴を生かしている。写真は2021年3月5日の「Minatomirai 5G Conference」より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 だが映像解析はリアルタイム性が求められるシーンでの利用も多いと考えられる。それだけに企業からは大容量通信だけでなく、もう1つの5Gの特徴でもある「低遅延」に対する要求も大きいようだ。低遅延の実現にはMEC(Multi-access Edge Computing)の活用が挙げられるが、それ以外にも様々な工夫が求められる。

次ページ 高速大容量と低遅延を両立する各社の工夫