サブスクリプションへの移行で気になる将来的な値上げ

 ただ完全なサブスクリプション型のサービスに移行したことで、ユーザー目線からすると懸念されるのは将来的な料金の値上げである。実際ここ最近、大手映像配信系サブスクリプション型サービスの値上げが相次いでいる。中でもスポーツ動画配信の「DAZN(ダゾーン)」が2022年2月22日より月額料金を1925円から3000円へと大幅に値上げすると発表したことには、利用者から多くの不満の声が上がっているようだ。

 各サービスが値上げをする背景には、サービスの認知が進んだことで従来のように大幅に契約数を伸ばすことが難しくなっている一方、常に新しいコンテンツの制作・調達が求められるのでコストが増え続けるという、サブスクリプション型ならではのビジネスモデルが影響しているとみられる。それだけに完全なサブスクリプション型に移行したAudibleも今後、同様の問題に直面する可能性が少なからず出てきたといえるだろう。

2022年1月26日に実施された「Amazonオーディブル 戦略発表会 2022」では、有名俳優や声優を起用した番組を増やすなど、コンテンツの大幅強化の方針も示されたが、それがコストを高める要因となって値上げにつながる可能性がないとは言い切れない(筆者撮影)
2022年1月26日に実施された「Amazonオーディブル 戦略発表会 2022」では、有名俳優や声優を起用した番組を増やすなど、コンテンツの大幅強化の方針も示されたが、それがコストを高める要因となって値上げにつながる可能性がないとは言い切れない(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 逢阪氏は「オーディオブックコンテンツは盛り上がってきているが、まだまだ認知が低いと思っている。まだ伸び代があるし、より身近なものとして体験してもらえるサービスを提供したい」とし、現在は値上げなどを検討する段階ではないとしている。1500円という月額料金を維持して完全聴き放題に移行したというのも、より多くの人に利用してもらうためにこだわったポイントだという。

 ただ本格的なサブスクリプションに移行した後のビジネスを考慮すれば、他のサブスクリプション型サービスと同様の問題に直面することは確かだろう。国内におけるオーディオコンテンツの存在感を考慮すればその時期はまだ先なのだろうが、いずれユーザーの反発を抑えながら納得感のある料金を提示できるかという、難しい課題に向き合う必要が出てくるのではないだろうか。

佐野 正弘(さの まさひろ)
フリーライター
福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手掛けた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手掛ける。

[日経クロステック 2022年2月7日掲載]情報は掲載時点のものです。

日経クロステックは、IT、自動車、電子・機械、建築・土木など、さまざまな産業分野の技術者とビジネスリーダーのためのデジタルメディアです。最新の技術や法改正、新規参入者や新たなビジネスモデルなどによって引き起こされるビジネス変革の最前線をお伝えします。

この記事はシリーズ「日経クロステック」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催、「1時間で完全理解 『量子コンピューター』は何がすごいのか」

 岸田内閣の「新しい資本主義」の重点投資に組み込まれた量子コンピューター。既存のコンピューターよりも処理速度が速いといわれる量子コンピューターですが、その技術や、我々の社会や経済をどう変える可能性があるのかを理解している人はまだ少ないのではないでしょうか。

 日経ビジネスLIVEでは9月13日(火)19:00~20:00に「1時間で完全理解、 『量子コンピューター』は何がすごいのか」と題してウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは、住友商事で新規事業創出を担うQXプロジェクト代表・寺部雅能氏と、業界動向に詳しい野村総合研究所IT基盤技術戦略室エキスパート研究員の藤吉栄二氏。量子コンピューターの技術的な特徴から、ビジネス活用の最前線まで分かりやすく解説します。

■開催日:2022年9月13日(火) 19:00~20:00(予定)
■テーマ:1時間で完全理解、「量子コンピューター」は何がすごい?
■講師:寺部雅能氏(住友商事QXプロジェクト代表)、藤吉栄二氏(野村総合研究所IT基盤技術戦略室エキスパート研究員)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)
>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。