無子化時代が訪れれば、社会の国際化・機械化・孤立化が一段と進む可能性が高い。既に日本の中には一足早く、国際化や機械化の波に洗われているエリアもある。そんな地域の実情をヒントに、新たな環境で生きるため個人と企業がすべきことを考える。

 無子化時代の到来に伴い、「国際化」「機械化」「孤立化」といった変化が仮に社会に起きた際、個人や企業はどうすべきなのか。それを知るには、まず3つの変化により社会がどう変わるかを把握することが欠かせない。その際、大きなヒントになるのが、「現時点で先行して国際化や機械化、孤立化の波に洗われているエリア」の実情だ。

 「おかえりなさい」「ただいまー」「石なんて蹴っていたら危ないよ」「はーい」――。

 4月下旬の平日、小田急電鉄江ノ島線の高座渋谷駅から歩いて15分ほどの距離にある「いちょう団地」を訪れると、交差点でこんなやり取りをする、「横断中」と書かれた旗を持った高齢者と、元気に下校する小学生たちの姿があった。

全世帯の約2割が外国系といわれるいちょう団地。多言語表記の看板が印象的だ

 一見何の変哲もない光景だが、高齢者は日本人で、小学生の一定数は明らかに海外にルーツを持つ子供たちだ。路上脇に置かれた「バイク進入禁止」の看板は日本語だけでなく英語や中国語、ベトナム語、カンボジア語などが併記。近隣にはアジア系の飲食店や食料品店などが点在する。ここは、神奈川県大和市と横浜市泉区にまたがる団地。全世帯の約2割が外国系といわれる、日本国内でもいち早く国際化したエリアの一つだ。

国際化歴30年以上の“ベテラン”

 1970年代初頭に入居が始まり、当初は日本人がほとんどだった。が、大和市にベトナムやラオス、カンボジアの難民向けの「大和定住促進センター」が80年にできたのを機に、同施設で支援を受けた難民が80年代後半に続々と定住。近隣の厚木市や海老名市にある自動車関連メーカーに職を求める中国や南米の出身者も集まっていった。

 無子化時代になった際に起きる可能性が高い社会の変化の一つは、一段の国際化だ。国が今以上に海外から人を呼び寄せられれば、人口減少による市場縮小と人手不足を最小限にとどめることも理論的には可能になる。そうなれば、日本各地でいちょう団地のような場所がおそらく増える。その意味で、この国際化団地は「今から日本社会に起きる可能性が高い変化」の一つを先取りして体験した地域ともいえるわけだ。

 では国際化がここまで本格化すると社会はどうなるのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2721文字 / 全文3744文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「無子化社会「恋愛停止国家」の未来」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。