ロシアによるミサイル実験が、軌道上にある使用済みのソ連製人工衛星を破壊。その結果散らばった宇宙ごみが、国際宇宙ステーションに脅威を与えている。(IMAGE FROM NASA)
ロシアによるミサイル実験が、軌道上にある使用済みのソ連製人工衛星を破壊。その結果散らばった宇宙ごみが、国際宇宙ステーションに脅威を与えている。(IMAGE FROM NASA)
[画像のクリックで拡大表示]

 2021年11月15日、国際宇宙ステーションに滞在していた7人の宇宙飛行士たちのもとへ、予期せぬ指示が舞い込んだ。破壊的な衝突に備えて、停泊中の宇宙船に避難せよというものだ。宇宙ステーションは間もなく、人工衛星の破片が散乱する雲の中を通る予定で、宇宙ステーション内にいる人間に深刻な脅威となる恐れがあるという。

 そこで、前週に到着したばかりだったNASAの4人の宇宙飛行士はスペースX社の宇宙船クルードラゴンのカプセルに、ロシア人宇宙飛行士2人ともう1人のNASA宇宙飛行士はソユーズ宇宙船にそれぞれ避難し、2時間待機した。それからおよそ90分後、宇宙ステーションが再び破片の雲を通過したために、乗組員は同じことを繰り返した。おかげで、NASAはいくつかの計画していた活動をキャンセルしなければならなかった。(参考記事:「使用済みの衛星とロケットが宇宙で危うく衝突、距離25m未満」

「着任早々とんだ騒ぎだ」。管制センターは、乗組員への状況説明の際、そう付け加えた。

 米国務省はその後、破片の雲はロシアが衛星破壊ミサイル(ASAT)を使って自国の古い人工衛星を破壊したものであると発表した。これによって大量の宇宙ごみが発生し、宇宙ステーションや低軌道(高度2000キロ以下の軌道)にある他の人工衛星を危険にさらすことになった。

「彼らにその能力があることはわかっていましたが、まさか本当にやるとは」。ワシントンDCにあるシンクタンク「戦略国際問題研究所」の航空宇宙安全保障プロジェクト副部長のケイトリン・ジョンソン氏は、そう話す。破壊された人工衛星の軌道は、国際宇宙ステーションの軌道と交差しているため、自国ロシアの宇宙飛行士も含め、宇宙ステーションに滞在しているすべての人間が危険にさらされる。

 ロシア国防省は声明で、実験を行ったことは認めたものの、宇宙ステーションへの脅威にはなっていないと主張した。「実験のタイミングや軌道のパラメーターから、破片が宇宙ステーションや宇宙船、宇宙活動に脅威とならなかったこと、そしてこの先も脅威にはならないことを、米国は百も承知のはずだ」

一体何が起こったのか

 当初、破片の正体ははっきりせず、衛星破壊ミサイルが関わっているという状況証拠だけがあった。事前にロシアは、プレセツク宇宙基地の上空を飛ばないようにとの航空情報を出していたのだが、この基地は、衛星破壊ミサイルなどの発射場として知られている。

 米ハーバード・スミソニアン天体物理学センターの天文学者であるジョナサン・マクドウェル氏によると、「この警告地帯は特別です。ヌードルと呼ばれるミサイルを実験するときにしか警告が出されない場所です」という。ヌードルは弾道弾迎撃ミサイルに似ているが、特に宇宙の物体を撃ち落とすように設計されている。

 ミサイルが発射された日の午後には、既に機能停止したソビエト時代の偵察衛星「コスモス1408」をロシアが意図的に狙ったことを、米国は確認した。ミサイルは、重さ2.2トンの使用済み人工衛星を粉々に破壊し、その破片が軌道上に散らばった。

 ロシアはこれまでもヌードルの実験を行ってきたが、軌道上にある実際の物体を破壊したのは今回が初めてだ。

 米国務省のネッド・プライス報道官は記者会見で、今回の実験に関し「無謀」で「危険な行為」であると非難した。米統合宇宙軍も「ただただ無責任」と非難し、報道官は事故ではなかったと回答した。

次ページ どれだけの破片が出たのか