メキシコ、パレンケの「碑文の神殿」で発見されたマヤ戦士の頭部像。この神殿は7世紀の君主キニチ・ハナーブ・パカルの墓で、最大かつ最も保存状態が良いマヤのピラミッドのひとつだ。(DE AGOSTINI VIA GETTY IMAGES)
メキシコ、パレンケの「碑文の神殿」で発見されたマヤ戦士の頭部像。この神殿は7世紀の君主キニチ・ハナーブ・パカルの墓で、最大かつ最も保存状態が良いマヤのピラミッドのひとつだ。(DE AGOSTINI VIA GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 長く忘れられていた文明の痕跡は、中米ユカタン半島のあちこちに残されていた。スペイン植民地時代の修道院の地下にも、道路の下にも。その大半は草木に覆われ、ジャングルに埋もれていた。だが1830〜40年代、ユカタン半島を詳細に調査した英国人と米国人の探検家はすぐに、これらの謎に満ちた遺跡が考古学上の重要な宝であることを確信した。

 発見された遺跡や工芸品は放棄されて荒廃しており、寺院やピラミッド、芸術品や文字といったそれらの役割は、当時はほとんど不明だった。それでも、米国人探検家のジョン・ロイド・スティーブンスは1841年に、これらは同一集団の人々が生み出したもののようだと書いている。

「この人々が誰なのか、どこから来たのか、先祖は誰なのか。私には言えないし、知るすべもない」と彼は認めている。

 これらの謎の廃墟は、マヤ文明の遺跡だった。マヤ文明は代表的なメソアメリカ文明の1つで、メキシコ南部やベリーズ、グアテマラなどに広がっていた。この集団について、今では発見当時よりはるかに多くの事実が明らかになっている。マヤの人々は、この地方で最初に農作物を栽培し、野生動物を家畜化し、最初の都市を建設し、現代文明がもつほぼ全ての要素を生み出したり、磨きをかけたりした。

 マヤ文化の伝統や教えの一部は子孫に受け継がれてきた。だがマヤ人については、遺跡がまだ発見されていなかった数百年前と同様に、現在も多くの謎が残されている。

メキシコ、チアパス州にあるボナンパク遺跡の「壁画の神殿」に描かれた、精巧で色鮮やかな壁画の複製画。神殿の3つの部屋の壁画には、マヤ文明の戦いと勝利を祝う儀式の様子が描かれている。(HENRI STIERLIN / BILDARCHIV STEFFENS / BRIDGEMAN IMAGES)
メキシコ、チアパス州にあるボナンパク遺跡の「壁画の神殿」に描かれた、精巧で色鮮やかな壁画の複製画。神殿の3つの部屋の壁画には、マヤ文明の戦いと勝利を祝う儀式の様子が描かれている。(HENRI STIERLIN / BILDARCHIV STEFFENS / BRIDGEMAN IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

マヤ人の起源

 マヤ文化の起源は明らかではないが、狩猟採集民が放浪生活を捨てて定住を始めた紀元前7000〜前2000年の間と考えられている。最近の研究では、最初の定住者たちは南米からやって来た人々であり、紀元前4000年までにはトウモロコシを主食とするようになったと示唆されている。トウモロコシ栽培はマヤ文明の道筋を大きく変え、マヤ人の社会や文化は急速に発展した。

 この新しい定住者たちは、トウモロコシを栽培するだけでなく、食物として摂取しやすくする方法も編み出した。これは「ニシュタマリゼーション」と呼ばれ、乾燥トウモロコシを水に浸した後にアルカリ性溶液で処理して、柔らかく消化しやすい食材にする方法だ。マヤ人は、他にもカボチャ、キャッサバ、豆といった重要な野菜の栽培も始めた。

次ページ マヤ社会の絶頂期