その結果、両国は「島の片側の低潮線で国境を止め、反対側の低潮線で復活させることにした」と弁護士のクリストファー・スティーブンソン氏は「Boston College International and Comparative Law Review」に掲載された論文の中で述べている。

 公式には、島を巡るデンマークとカナダの交渉は手詰まりになった。しかし、島の利用に関する不安は消えていない。1983年、島を訪れたグリーンランドのジャーナリストがカナダの石油会社の科学者と出会った。この科学者は北極圏の効果的な掘削方法を調査する大規模プロジェクトの一環として、この地域を調べていた。合法な訪問だったが、グリーンランドの新聞に記事が掲載され、デンマークとカナダ両国の当局者の目に留まった。そして、デンマークの外相がヘリコプターで島に向かった。そのとき、外相は島に国旗を立て、デンマークの蒸留酒「シュナップス」のボトルを残していった。

 この行動をきっかけに、ハンス島の岩だらけの海岸で、自国の国旗を掲げたり、自国の酒瓶を埋めたり(他国の酒瓶を掘り起こしたり)する、ばかげた「ウイスキー戦争」が勃発した。役人と民間人の両方によって行われたこの儀式は、「島に『少しぼろぼろになった旗と看板の海』を残した」と、英公共放送「BBC News」のマット・マーフィー氏は報告している。

解決策の模索と意義

 しかし、気候変動の脅威や北極圏の掘削、一帯におけるカナダの軍事演習を考えると、この紛争は重大な側面を持っていた。また、島に有用な鉱物は存在しないものの、掘削の拠点として利用できるうえ、北極圏の氷が解けていることは、この島が今後、戦略的な重要性を増すことを意味している。2018年、国境問題を解決しようと、両国は共同タスクフォースを招集した。(参考記事:「氷が解ける北極圏、新たな覇権争いの場に」

 そして、数十年にわたる争いはついに、ハンス島をほぼ2等分する南北の断層に沿って分割し、グリーンランドが少し大きい方を取得するという合意によって終わりを迎えた。領土紛争は武器を使わずに解決できることの証として、両国はこの合意をたたえている。

 デンマークのイェッペ・コフォズ外相は記者会見で、「人が引いた境界線はそれほど重要ではないのかもしれません」と語った。「それより重要なのは人と人の協力関係です」

 コフォズ外相はさらに、暴力的な領土紛争が民主主義社会に与える「圧力」に言及し、「平和的な合意は国際社会にとって重要な一歩だ」と述べた。ロシアのウクライナ侵攻を念頭に置いていることは明らかだ。「外交と法の支配は実際に機能します。今回の合意をきっかけに、ほかの人々が同じ道を歩めばよいのですが」(参考記事:「世界的な食料危機が迫っている、ウクライナ侵攻で肥料が不足」

[ナショナル ジオグラフィック日本版サイト2022年6月18日掲載]情報は掲載時点のものです。

ナショナル ジオグラフィック日本版 最新号

テクノロジーの進歩により、英国で最も有名な巨石遺跡ストーンヘンジの秘密が明かされようとしています。このほか、青い血液が医療分野で大量に使用されているカブトガニ、インドが抱えるエネルギー問題、西部開拓時代の面影を残すビッグベンド国立公園などの特集をご覧いただけます。特製付録は「ブリテン諸島 85年前の特製地図と最新地図」。

この記事はシリーズ「ナショナル ジオグラフィック」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。