がんと神経変性疾患で違いも

 集束超音波によるアルツハイマー病の治療に関する前臨床試験でも、有望な結果が得られている。まず、血液脳関門を開くだけでも、記憶機能が改善されるといった認知面でのプラスの効果がみられた。米コロンビア大学の生体医工学と放射線学の教授エリザ・コノファゴウ氏らは、関門が開くと、アルツハイマーの特徴のひとつであるアミロイド斑の残骸が脳内から排除されることを発見した。

 遺伝子治療など、集束超音波のそのほかの用途については、臨床試験の段階には至っていないものの、研究者らはそう遠くならないと期待している。

 スペイン、マドリードの神経科学総合センターでは、神経学者のホセ・オベソ氏のチームが、ヒト以外の霊長類において、ウイルスベクター(遺伝子の運び役として利用される無害なウイルス)が集束超音波治療により血液脳関門をすり抜けて、パーキンソン病などの神経変性と戦う治癒タンパク質へ指示を送れることを発見している。

 理論上では、脳細胞がその遺伝物質を吸収して、脳の機能を回復させたり、脳の特定の部位で望ましくない活動を阻止したりするタンパク質が製造されることになる。この原理の効果はすでにげっ歯類で示されているが、サルにおける有効性が今回の研究で初めて示される予定だ。「サルに有効であるならば、人間でも効果がある可能性があります」

 今のところ、パーキンソン病のような脳疾患の根本的な治療法は存在しないため、「これまでまったくなかったものを提供できる希望があるというのは、間違いなく歓迎すべきことです」と、パーキンソン病の研究者で、カナダ、ブリティッシュ・コロンビア大学の神経学部長ジョン・ストッスル氏は述べている。(参考記事:「大やけどを負った皮膚は元に戻るのか? 創傷治療の最前線」

 一方でストッスル氏は、あまり早いうちに期待を煽るべきではないとくぎを刺す。神経変性疾患に対する集束超音波治療は、一般にがんに対するものほど進んでいない。がんの場合、医師は薬剤を投与すべき場所をより明確に理解している。パーキンソン病やALSのような疾患では事情が異なり、研究者らは現在も、脳のどの部分がどのように侵されるのかの解明に努めている段階にある。

アルツハイマーだけでも需要は膨大

 それでも、集束超音波治療の一日も早い承認を待ち望んでいる専門家や患者は多い。たとえばアルツハイマー病だけでも影響は甚大だ。

 アルツハイマー型認知症は、世界中で5700万人が罹患しており、その数は2050年までに3倍になると予想されている。これまでに何百種類というアルツハイマー病の治療薬が膨大なコストをかけて臨床試験にかけられ、失敗に終わってきた。一部の研究者は、薬が脳にちゃんと届かないせいだと考えている。集束超音波治療の明らかな利点として、脳内に直接薬を投与できるため、より少ない投与でも効果が期待できる可能性はある。(参考記事:「アルツハイマー新薬、米当局の承認に異論噴出」

脳に転移した乳がんへの集束超音波治療の臨床試験参加者と、準備を進めるサニーブルックの研究チーム。(PHOTOGRAPH BY KEVIN VAN PAASSEN, SUNNYBROOK HEALTH SCIENCES CENTRE)
脳に転移した乳がんへの集束超音波治療の臨床試験参加者と、準備を進めるサニーブルックの研究チーム。(PHOTOGRAPH BY KEVIN VAN PAASSEN, SUNNYBROOK HEALTH SCIENCES CENTRE)
[画像のクリックで拡大表示]

 トロントのバトラーさんの場合、医師らは、腫瘍の残りとその周囲にだけ正確に薬剤を届け、付近の組織には干渉しないよう治療を計画した。

 バトラーさんは軽い鎮静剤を投与され、頭は動かないように軽量のフレームに固定された。MRIのベッドに横たわったバトラーさんの頭には、ヘルメットのような機器が取り付けられ、これが1000本以上の超音波ビームを、極めて正確に脳の奥深くまで送り込む。

 神経外科医のニーア・リプスマン氏のほか、MRI技術者、医学物理学者、麻酔科医が、バトラーさんの処置にあたる。処置を始める前、隣のコントロールルームにいるリプスマン氏は、バトラーさんの脳の高解像度3Dマップを作成し、血液脳関門のどこを開いて薬剤を届けるかをピンポイントでガイドした。

 バトラーさんが化学療法の錠剤を飲み、薬の血中濃度がピークに達したころ、技術者が静脈にマイクロバブル(超微小な気泡)を注入した。この気泡は赤血球より小さく、体に害を与えることなく体内をめぐる。

 それからの90秒間、リプスマン氏は、集束超音波ヘルメットを操作し、バトラーさんの脳内にあるたまご大の部位に、正確にエネルギーを照射した。超音波がマイクロバブルを急速に膨張・収縮させると、固く閉まった血液脳関門が緩んで通り道を作り、そこから薬が流れ込んで、腫瘍とその周囲に直接届く。

[画像のクリックで拡大表示]

次ページ より簡単で、安く治療できるように