新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真。特徴的なスパイクタンパク質が見えている。専門家らは、新型コロナウイルスはそれほど速く進化しないと考えていたが、このウイルスはすぐにそれが間違いであることを証明してみせた。(NIAD)
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真。特徴的なスパイクタンパク質が見えている。専門家らは、新型コロナウイルスはそれほど速く進化しないと考えていたが、このウイルスはすぐにそれが間違いであることを証明してみせた。(NIAD)
[画像のクリックで拡大表示]

 2年前の2020年3月11日、世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)を宣言した。それ以降、感染者は約200カ国で5億人近くにのぼり、世界で600万人以上が死亡したが、終息はまだ訪れていない。(参考記事:「新型コロナ、WHOがパンデミックと宣言、制御は可能?」

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は2年の間に、変異のスピード、コロナ後遺症をはじめとする人体へのさまざまな影響、ほかの種への感染の仕方など、科学者たちに数々の驚きをもたらしてきた。

 2年がたった今も、新型コロナウイルスについてはまだわからないことがたくさんあると、米ノースカロライナ大学の感染症専門家デビッド・ウォール氏は言う。この記事では、今も専門家を悩ませる謎とともに、これまでに解明されたことを振り返ってみよう。

予期しなかった最悪のシナリオ

 専門家は数十年前から、何らかのパンデミックが起こるだろうと警告していた。野生動物がすむ範囲にまで人間が活動範囲を広げれば、新たな病原体が動物から人間に飛び移り、致命的な人獣共通感染症が発生する可能性が高くなる。2008年に学術誌「ネイチャー」に掲載されたある研究によると、野生動物に由来する新規感染症は、1940年から2004年の間に著しく増加してきたという。(参考記事:「年270万人が死亡する動物由来感染症 動物から人へどううつる?」

 しかし、専門家の多くがずっと懸念してきた対象はインフルエンザウイルスであり、コロナウイルスがこれほどの惨事を引き起こすとは、必ずしも予想していなかった。

 潮目が変わったのが、2002年から2004年にかけて発生した重症急性呼吸器症候群(SARS)のアウトブレイク(集団感染)だった。これにより29カ国で8000人以上が感染し、774人が死亡した。その後、2012年に発生した中東呼吸器症候群(MERS)のアウトブレイクでは、37カ国で2000人以上が感染した。このウイルスによる死者は、これまでに900人近くに達している。

 それでも、インフルエンザウイルス、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、デング熱ウイルスといった“ほんとうに悪いやつら”に比べれば、人々はコロナウルスをさほど警戒していなかったと、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校でRNAウイルスを研究してきたラウル・アンディーノ氏は言う。

 そこへ新型コロナウイルスが突然襲いかかった。新型コロナウイルスはそれまでのコロナウイルスよりも感染スピードが速い。理由のひとつは、ある細胞から次の細胞へと効率的に移動する能力にあると、専門家は推測している。また、新型コロナウイルスは封じ込めるのが難しい。無症状患者が多いため、人は自分でもそうと知らないうちにウイルスを広めてしまうからだ。

「いわば新型コロナウイルスは、急速に拡散して、同時に病気を引き起こすことができる方法を発見したのです」とアンディーノ氏は言う。「最悪のシナリオが現実のものとなったわけです」

続々と襲いかかる変異株

 そのうえ、新型コロナウイルスは予想以上にすばやく遺伝子の変異を獲得し、進化を遂げた。

 コロナウイルスでは通常、インフルエンザウイルスやHIVなどのほかのRNAウイルスに比べて、遺伝子の変異が起こるスピードが遅い。SARS-CoVとSARS-CoV-2で遺伝子を構成する塩基が置き換わる割合は毎月ほぼ2カ所程度で、インフルエンザウイルスの半分から6分の1程度にあたる。その原因は、コロナウイルスには、ウイルスの遺伝物質が複製される際に生じるエラーを修正する「校正タンパク質」があるためだ。

「だからこそ、われわれは新型コロナウイルスがそれほど速く進化することはないと考えたのです」と、米ケンブリッジ大学の臨床微生物学者ラビンドラ・グプタ氏は言う。

 ところがこのウイルスは、グプタ氏らが間違っていたことをすぐに証明してみせた。

次ページ 長引く感染、1年近く続いた例も