555.55カラットのエニグマは、カットされたダイヤモンドとしては世界最大。カーボナードと呼ばれるブラックダイヤモンドは巨大なものが見つかることもあるが、普通のダイヤモンドよりさらに硬いため、カットが非常に難しい。(PHOTOGRAPH BY SOTHEBY'S)
555.55カラットのエニグマは、カットされたダイヤモンドとしては世界最大。カーボナードと呼ばれるブラックダイヤモンドは巨大なものが見つかることもあるが、普通のダイヤモンドよりさらに硬いため、カットが非常に難しい。(PHOTOGRAPH BY SOTHEBY'S)
[画像のクリックで拡大表示]

 555.55カラット(111.11グラム)のブラックダイヤモンド「エニグマ」が316万1000ポンド(約4億9500万円)で落札された。今回の競売をきっかけに、この奇妙な石の出どころを巡る長年の議論が再燃した。宇宙から飛来したという議論の分かれる説も再浮上している。

 エニグマを含め、ブラックダイヤモンドと呼ばれる鉱物「カーボナード」はすべて38億〜26億年前に形成されたが、そのメカニズムは謎に包まれている。漆黒、不透明、穴だらけで、物理的にも化学的にも他のダイヤモンドと異なるユニークな特徴をもつ。

 カーボナードは世界でもブラジルと中央アフリカ共和国でしか見つかっていない。驚くほど大きなものもあり、その一例が、史上最大のダイヤモンドである3167カラット(633.4グラム)のブラジル産カーボナード「セルジオ」だ。エニグマもラケットボール(直径約6センチ)ほどの大きさで、決して小さくはない。ダイヤモンドを専門とするカナダ、アルバータ大学の鉱物学者トマス・スタヘル氏は「かなり大きなダイヤモンドです」と語る。

 だが最近まで、カーボナードはその美しさではなく頑丈さで評価されていた。単結晶の宝飾用ダイヤモンドと異なり、カーボナードは多結晶、つまり多数の結晶が集まってできている。全体に規則性のある単結晶のように割れやすい方向がないため、圧力をかけても割れにくく、工業用の研磨材として重宝されており、硬い岩に穴を開けるドリルビットや道具を研ぐ砥石(といし)として使われている。

 このようにカーボナードには奇妙な点が多いため、起源についてもさまざまな説がある。米国宝石学会(GIA)の研究開発部門副社長で、エニグマを天然のカーボナードと鑑別した王武夷氏は「すべてを説明できるモデルは存在しません」と話す。(参考記事:「ありえないダイヤを発見、まるでマトリョーシカ」

“焼けた”ダイヤモンド

 この極めて頑丈な鉱物の物語は、大西洋を挟んだ2カ所で展開する。1840年代、ブラジル東部の採掘者たちによって黒いダイヤモンドが発見され、「焼けた」「炭化した」を意味するポルトガル語から「カーボナード」と名付けられた。その数十年後、中央アフリカ共和国でもカーボナードが発見された。他の地域ではまだ見つかっていない。

 両産地のカーボナードは「細部までよく似ている」ため、関連性があるのは間違いないと米ペンシルベニア州立大学の鉱物学者ピーター・ヒーニー氏は述べている。カーボナードは、南米とアフリカが10億年以上にわたり地続きだった間に堆積した可能性が高い。両大陸が現在のように2つの大陸に分かれたのは、1億8000万年前に超大陸パンゲアが分裂して以降だ。

 これまでに、カーボナードの起源に関する手掛かりは風雨によってほぼ消し去られてしまった。カーボナードを育んだ岩(母岩)は浸食され、粒となって古代の川岸にまき散らされた。

 現在最も採掘されているタイプのダイヤモンドの起源も、約150年前は同様の問題によって闇に包まれていたと、ダイヤモンドを専門とするフランス、パリ地球物理学研究所の地球化学者ピエール・カルティニー氏は説明する。だが1870年代、パイプ状の火山岩に埋め込まれているダイヤモンドが南アフリカのキンバリーで発見されると、その答えが見えてきた。

 発見地にちなんで「キンバーライト」と呼ばれるこの火山岩は、激しい噴火によって急速に上昇したマグマが冷え固まって形成される。この急上昇するマグマが、地下深くのダイヤモンドを地表付近まで運んだのだ。(参考記事:「ダイヤモンド入りマグマ、ガスで上昇?」

次ページ 隕石かマントルか