日経トレンディ2021年6月号の記事を再構成

 中国の作家・劉慈欣によるSF長編、『三体』シリーズが記録的な快進撃を続けている。日本で第1部が発売された2019年時点ですでに、世界全体での累計発行部数は2900万部、20カ国語以上の言語に翻訳され、さらに部数を伸ばしている。

 「翻訳SFの単行本では今世紀最大の売り上げ」と語るのは早川書房で『三体』シリーズの編集を担当する「SFマガジン」編集部の梅田麻莉絵氏。日本でも現在までで累計37万部となり、完結編の発売を5月末に控える。未知の異星人との遭遇や攻防を描く古典的テーマながら、エンターテインメント性が高く、SFに持ち込まれた中国的感性の新鮮さに読者層を広げている。

『三体』シリーズ(早川書房)
物理学の難問「三体問題」に着想を得たSF長編の三部作。運行周期が予測不能な3つの太陽の影響で、たびたび滅亡の危機にさらされる恒星系を脱し、地球への侵攻を画策する「三体人」と人類の攻防を描く
完結編5月25日発売
第1部発売時の三省堂書店池袋本店

 中国では08年の第1部発売後すぐに話題作となったが、それを世界規模の爆発的ヒットにまで押し上げたのは、15年にSF界の最高賞とされるヒューゴー賞長編部門を、アジア作家として、また翻訳小説として初めて受賞したことだ。作家ケン・リュウによる質の高い英訳に、オバマ元大統領やフェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグらが推薦本に挙げたことも、売れ行きに拍車をかけた。

 「中国では社会現象と呼べる大ヒット。19年に成都で開かれた中国のSF大会に参加し、劉慈欣氏への熱狂的歓声にその人気ぶりを実感した。加えて、参加者が高齢化しつつある日本のSF大会と比較してとても規模が大きく、若者が多いことにも驚いた」(梅田氏)

劉慈欣(りゅう・じきん/リウ・ツーシン)
63年、中国山西省生まれ。エンジニアとして発電所に勤める傍ら小説の執筆を始め、99年に中国のSF雑誌「科幻世界」でデビュー。『三体』で一躍世界的ベストセラー作家に(写真:VCG/Getty Images)
19年に成都で開催された国際SF大会。14カ国からSF作家など300人以上が参加。劉慈欣氏の姿も
●『三体』世界的ヒットの経緯
2006年▼
中国のSF雑誌「科幻世界」に連載開始
2008年▼
第1部・第2部の単行本発売。中国国内でヒット
2010年▼
第3部単行本発売
2014年▼
ケン・リュウによる翻訳で英訳版発売
2015年▼
アジア人作家初となるヒューゴー賞長編部門受賞。その後、オバマ元大統領、マーク・ザッカーバーグらが相次いで推薦。国際的評価を受け、中国国内でもさらに爆発的ヒットに
2019年▼
日本で第1部の邦訳発売。
劉慈欣『さまよえる地球』を原案とする映画『流転の地球』公開。中国では歴代興行収入4位の大ヒット
映画『流転の地球』。壮大な太陽系脱出計画を描く
Netflixオリジナル映画『流転の地球』独占配信中
2020年▼
第2部の邦訳発売
Netfliaxがドラマ化を発表
続きを読む 2/2 “分かりやすい”スケールの大きさがヒットの理由

この記事はシリーズ「日経トレンディ発 なぜ流行る? エンタメブーム大研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。