日経トレンディ2021年6月号の記事を再構成

 2020年末、1979年に発売された日本の名曲が、世界の音楽シーンを席巻した。松原みき「真夜中のドア/Stay With Me」が、Spotifyのグローバルバイラルチャートで18日連続1位になったのだ。バイラルチャートとは、SpotifyからSNSなどにシェアされ再生された回数などを基に集計された、「今話題の曲」を反映したもの。つまり、2週間以上にわたって、世界で最も旬な曲であり続けたといえる。

 実は2010年代末から、シティポップは「新しい音楽」としてリリース時を知らない海外の音楽ファンや日本の若者に聴かれる“第2の最盛期”とも呼ぶべき時代を迎えている。「真夜中のドア/Stay With Me」の突然のヒットは、その象徴的な出来事でもある。

Spotifyグローバルバイラルチャート 18日連続世界1位。
松原みき「真夜中のドア/Stay With Me」(1979年11月リリース)。松原みきのデビュー曲が世界的ヒット。ポニーキャニオンの「パッケージ・オーダー・プロジェクト(POP)」で7インチ復刻盤もリリースされ、2ndシングル「愛はエネルギー」などの予約・注文受付も21年4月に開始。
ブームを受け復刻盤企画が始動
松原みき「愛はエネルギー」(1979年12月リリース)
松原みき『Who are you?』(1980年9月リリース)

 そもそもシティポップとは何か。明確な定義は無いが、音楽ジャーナリストの柴那典氏は、「概念的だが、世界で聴かれているのは1970、80年代の日本で、都会的でおしゃれなイメージの曲として聴かれていたポップソング」と解説する。代表的なアーティストに挙げられるのは山下達郎や竹内まりや、大瀧詠一、大貫妙子など。ここでは、この定義に沿う曲をシティポップと呼ぶ。

 まず海外のコアな音楽ファンの間で、シティポップの認知が広がっていったのは2010年代前半。1980年代頃の日本を含む各国の曲や音源の一部を取り入れ(サンプリングして)、新たな曲を作り上げる「Vaporwave」というジャンルが話題に。派生する形で日本の曲を題材にした「Future Funk」という新たなジャンルも生まれた。

 国内外の音楽トレンド動向に詳しいSpotify Japan コンテンツ統括責任者の芦澤紀子氏は、「VaporwaveやFuture Funkが世界的なトレンドになり、そこでサンプリングする曲の“ネタ探し”を通してシティポップの曲が世界で発掘されていき、ここ数年のストリーミングサービスの普及でメインストリームに広がっていった」と言う。

●10年代初頭からブームの兆候
2010年代初頭~▼ 音楽ジャンル「Vaporwave」「Future Funk」が世界の音楽ファンの間で注目を集める
2010年代半ば~▼ シティポップの影響を感じさせる若手アーティスト・バンドが続けて登場し、「ネオ・シティポップ」としても注目を集める
2018年ごろ▼ 竹内まりや「Plastic Love」が世界的なブームに
2019年▼ Night Tempoが「昭和グルーヴ」シリーズを始動
2020年▼ 松原みき「真夜中のドア/Stay With Me」がSpotifyのグローバルバイラルチャートで18日連続1位に
続きを読む 2/2 韓国人DJのNight Tempoがヒットの立役者

この記事はシリーズ「日経トレンディ発 なぜ流行る? エンタメブーム大研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。