2021年11月4日発売の「日経トレンディ2021年12月号」では、日経クロストレンドと11月3日に発表した「2021年ヒット商品ベスト30」を特集。6位に「マリトッツォ」がランクインした。ローマ発のシンプルスイーツが幅広い層に受け入れられた年だった。簡単にアレンジできる点がヒットにつながり、山崎製パンや大手コンビニなどが相次いで商品化。「すしトッツォ(まぐろ)」のような“魔改造”版も誕生し、消費者と業界全体がブームを楽しんだ。

日経トレンディ2021年12月号の記事を再構成

6位に「マリトッツォ」を選出
6位に「マリトッツォ」を選出
[画像のクリックで拡大表示]

以前の記事を読む

【6位】「マリトッツォ」

 大手のNBやコンビニ、街中のパン店、ホテルなどが相次いで商品化。2021年のスイーツ業界は、1年を通して空前のマリトッツォブームに沸き立った。

 大手チェーンでは(カルディコーヒーファームを運営する)キャメル珈琲が先行して20年11月に発売し、累計125万個以上を販売(21年9月末時点)。それから約半年後の21年6月に全国発売した山崎製パンも、約4カ月間で約2900万個の出荷を記録した。「新商品の売り上げは発売月がピークで、その後は下がる傾向にあるが、マリトッツォは継続して売れている」(山崎製パン)という。

■人気は数カ月にわたって維持
注)山崎製パン提供、月次の出荷数量。OEM(相手先ブランドによる生産)を含む。21年5月は26~31日の先行販売分
注)山崎製パン提供、月次の出荷数量。OEM(相手先ブランドによる生産)を含む。21年5月は26~31日の先行販売分
[画像のクリックで拡大表示]

 ローマ発のマリトッツォが使う食材は、軟らかなパンと生クリームだけ。パンで両側から挟まれた生クリームがこぼれんばかりに盛られた様子は見栄えするものの、シンプルなスイーツがどうしてこれほどの人気を集めたのか。その理由を探ると、「シンプルだったからこそ」というこのスイーツの特徴に戻ってくる。

 パンも生クリームも幅広い層に受け入れられる食材だ。「派手な見た目ではないので、中年男性も周囲の目を気にせずに買いやすい」(業務用食品卸最大手のトーホー)といった声も聞かれる。

■山崎製パン
シリーズで約2900万個出荷(OEM含む)。同期間比で、同社定番「クリームパン」の約2倍だ
シリーズで約2900万個出荷(OEM含む)。同期間比で、同社定番「クリームパン」の約2倍だ
[画像のクリックで拡大表示]
■コンビニ大手3社
コンビニ大手3社の商品化が人気を後押し。21年6月上旬に発売したファミリーマート(上)を先頭に、セブン-イレブン(下左)、ローソン(下右)が続いた
コンビニ大手3社の商品化が人気を後押し。21年6月上旬に発売したファミリーマート(上)を先頭に、セブン-イレブン(下左)、ローソン(下右)が続いた
[画像のクリックで拡大表示]
■キャメル珈琲、ゴディバ
カルディコーヒーファームを運営するキャメル珈琲は、20年11月発売と商品化がかなり早かった(左)。高級チョコレートブランドとして知られるゴディバも参入し、カフェ「GODIVA cafe」で提供(右)
カルディコーヒーファームを運営するキャメル珈琲は、20年11月発売と商品化がかなり早かった(左)。高級チョコレートブランドとして知られるゴディバも参入し、カフェ「GODIVA cafe」で提供(右)
[画像のクリックで拡大表示]
続きを読む 2/2 ヒットにつながった要因は何か?

この記事はシリーズ「日経トレンディ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。