日経トレンディ2021年12月号は、1年の「ヒット現象」を総特集。その中の「大研究!シティポップ×レコード再ブームの理由」特集で、菊池桃子さんにインタビューを実施した。20年、サードアルバム『ADVENTURE』(1986年)とラ・ムー(菊池さんがボーカルを務めたバンド)名義のアルバム『Thanks Giving』(88年)のレコードが再発売になった。2021年9月にはシティポップブームの火付け役の1人であるNight Tempoによるリエディット楽曲の配信が開始。シティポップが世界的なブームとなる中、菊池さんの1980年代の楽曲が世界で再評価されている。この現象を本人はどう捉えているのだろうか。

2021年7月からは、全曲をサブスクリプションサービスで配信し、今、世界中の音楽ファンに楽曲を評価されています。この状況をどのように見ていますか。

菊池桃子さん(以下、菊池さん):まず、当時の音楽制作陣が力強いということは確かです。私は1984年にアイドルとして出発しましたが、当時所属していた事務所は、杉山清貴さん(杉山清貴&オメガトライブおよびソロとして活動)や、カルロス・トシキさん(86オメガトライブなどで活動)といったニューミュージックの方が中心で、アイドル活動をしているメンバーはいなかったんですね。

 社長を務めるプロデューサーの藤田(浩一)さんもミュージシャンだったので、「アイドルの曲として買った若者が、大人になってもしまわずに時々聴くような音楽をつくる」と、一貫しておっしゃっていたんですね。その藤田さんと、作曲家の林(哲司)先生が見事なタッグを組んで、曲づくりをしてくださっていました。

 私のデビュー曲は「青春のいじわる」という曲ですが、当時はまだ16歳。高校1年生の女の子がアイドルとして歌うデビュー曲としては「地味め」という評価をいただいたんです(笑)。曲がマイナーコードを使っているということもありますし、サビに特段キャッチーな、跳ねたメロディーがあるわけでもない。歌うときの衣装も、当時のアイドル然としたひらひらした輝きはなかったです。ただ、「聴いてくださる若者は、この違いがいいという認識を持ってくれるはずだ」ということを、チームが信じていて(笑)、それが印象に残っています。

<span class="fontBold">菊池桃子(きくち・ももこ)さん</span><br />1968年5月4日、東京都出身。1984年に歌手デビュー。85年発売のシングル「卒業-GRADUATION-」がヒットチャート1位を記録する。女優・歌手活動のほか、CM・ラジオ・講演など多方面で活躍。2012年3月、法政大学大学院政策創造専攻修士課程修了。母校である戸板女子短期大学の客員教授としてキャリア形成論などの講義を担当。また、メンタルケアカウンセラーの資格を保持している。「人生の楽園」(テレビ朝日系)、「菊池桃子のライオンミュージックサタデー」(文化放送)にレギュラー出演、公式YouTubeチャンネル「<a href="https://www.youtube.com/channel/UCVFA5ST8sWScivrWMImsL4A" target="_blank">菊池桃子のYouTubeラジオ『今日もお疲れさまです。』</a>」配信中
菊池桃子(きくち・ももこ)さん
1968年5月4日、東京都出身。1984年に歌手デビュー。85年発売のシングル「卒業-GRADUATION-」がヒットチャート1位を記録する。女優・歌手活動のほか、CM・ラジオ・講演など多方面で活躍。2012年3月、法政大学大学院政策創造専攻修士課程修了。母校である戸板女子短期大学の客員教授としてキャリア形成論などの講義を担当。また、メンタルケアカウンセラーの資格を保持している。「人生の楽園」(テレビ朝日系)、「菊池桃子のライオンミュージックサタデー」(文化放送)にレギュラー出演、公式YouTubeチャンネル「菊池桃子のYouTubeラジオ『今日もお疲れさまです。』」配信中

「もっとアイドルらしい曲がいい」などと思ったことは。

菊池さん:私は5歳でピアノを始めたんですけれど、その時からメジャーコードよりもマイナーコードが好きな子供で、ちょっと愁いのある曲に今でいう“エモーショナル”を感じて、よく練習したんですね(笑)。とことん明るい曲はなんだか胸に来ないなって思っていました。大人になってからは、両方のテイストの曲があったほうがいいじゃないかと思うようになったのですが。だから、大人の世界観をつくってくれる制作スタッフは大好きでした。

続きを読む 2/4

この記事はシリーズ「日経トレンディ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。