2021年10月4日発売の「日経トレンディ 2021年11月号」では、「クレジットカード 最強の2枚」を特集。通信系クレカの定番である「dカード」と「au PAY カード」。どちらも一般カードとゴールドカードがあるが、ドコモの「ahamo」、auの「povo」といった新しい低料金プランの登場により、どちらが特か見直しが必須になった。家族カードも活用し、効率よくポイントをためたい。

日経トレンディ2021年11月号の記事を再構成

通信系クレカの定番である「dカードGOLD」(左)と「au PAY ゴールドカード」(右)
通信系クレカの定番である「dカードGOLD」(左)と「au PAY ゴールドカード」(右)
[画像のクリックで拡大表示]

以前の記事を読む

 通信系クレジットカードの2トップは、「dカード」と「au PAY カード」だ。どちらも年会費無料(au PAYカードは条件付き無料)で還元率1%。dカードはdポイント、au PAYカードはPontaポイントと、ポイントを集約しやすいメリットもあり、定番となっている。

 スマホ決済を活用している人にとっても、2枚のカードは利用価値が高い。「d払い」で連発される高還元キャンペーンは、ほとんどがdカード以外のクレカ払いは対象外だ。ドコモユーザーなら、「電話料金合算払い」で他社クレカも使用できるが、他キャリアの利用者がキャンペーンに参加するならdカードがないと不利。一方の「au PAY」はキャンペーン参加条件が緩く、他社クレカでのチャージも可能だが、「au PAY ゴールドカード」からなら還元率が2%上乗せになる他、au PAY カード/au PAY ゴールドカード限定のチャージキャンペーンも時折行われている。いずれも、スマホ決済をお得に使いたいなら必携だ。

 dカードとau PAY カードには、一般カードとゴールドカードがある。どちらが得になるかは、携帯料金プランが従来プランか、ドコモの「ahamo」、auの「povo」といった新しい低料金プランかによる。

 従来プランの契約者は、携帯電話・通信料金の支払いで10〜11%の高還元が得られるため、やはりゴールドカードを選ぶのが定石だ。

【得ワザ1】ドコモとauの従来プランユーザーはゴールドカードのメリット大

 ドコモの「ギガホ プレミア」「ギガライト」、au の「使い放題MAX」「ピタットプラン」といった従来プランのユーザーは、いずれもキャリア公式のゴールドカードを選ぶべきだ。毎月の携帯電話利用料金に対してドコモは10%、auは11%の高還元。これだけで、十分に年会費分の価値はある。

■dカード GOLD(NTTドコモ)
■dカード GOLD(NTTドコモ)
年会費1万円超えにもかかわらず、発行枚数は823万枚とdカード(653万枚)を超える。高還元と充実した特典が人気の理由。携帯破損補償も3年間最大10万円で無料付帯
[画像のクリックで拡大表示]
■基本スペック比較表
■基本スペック比較表
注)情報は2021年9月中旬時点
[画像のクリックで拡大表示]
注)情報は2021年9月中旬時点
注)情報は2021年9月中旬時点
[画像のクリックで拡大表示]
続きを読む 2/2 低料金プランの場合は、一般カードが得な場合も

この記事はシリーズ「日経トレンディ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。