2021年10月4日発売の「日経トレンディ 2021年11月号」では、「クレジットカード 最強の2枚」を特集。大手コンビニやマクドナルドで5%還元とダントツの「三井住友カード(NL)」。水をあけられたコンビニ系クレカでは、「ファミマTカード」が優勢だ。

「日経トレンディ 2021年11月号」の記事を再構成

高還元が魅力の「三井住友カード(NL)」(左)とコンビニ系で優勢の「ファミマTカード」(右)
高還元が魅力の「三井住友カード(NL)」(左)とコンビニ系で優勢の「ファミマTカード」(右)
[画像のクリックで拡大表示]

以前の記事を読む

「このクレジットカードの登場により、コンビニでの他のカードの存在感が薄れてしまった」。クレカ情報サイト「クレコミ」を運営するみおさん(ハンドルネーム)のこの言葉に代表されるように、クレカに詳しい識者たちが高く評価するお得カードがある。それが2021年2月に発行が始まった「三井住友カード(NL)」だ。NLは券面がナンバーレスであることを示す。三井住友カードによれば、「発行開始から21年8月末までで70万枚超を発行し、大変好評だ」という(発行枚数は同年7月に発行したゴールドを含む)。

 人気の理由の一つに、同カードはセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートのコンビニ大手3社とマクドナルドでの還元率が5%と極めて高い点がある。この恩恵は、Visaのタッチ決済かMastercardコンタクトレスで支払うと受けられる。コンビニ大手3社の系列クレカの還元率は最大2%にとどまり、同カードの優位性が際立つ。「コンビニでよく買い物する人が得するクレカ」といえ、他のカードと併せて持つ価値は十分ある。

【得ワザ1】還元率重視派に最適 マクドナルドでも同じ恩恵

■三井住友カード (NL)(三井住友カード)
■三井住友カード (NL)(三井住友カード)
一定金額(原則1万円)を超えると決済端末にカードを挿して支払う場合があり、還元率は2.5%に下がる。年会費は無料で、家族カードも同様
[画像のクリックで拡大表示]
Visaのタッチ決済は専用読み取り端末に文字通りタッチするだけで、決済がスピーディーに完了する
Visaのタッチ決済は専用読み取り端末に文字通りタッチするだけで、決済がスピーディーに完了する
[画像のクリックで拡大表示]
カード情報はスマホアプリで確認する。写真は三井住友カード ゴールド(NL)
カード情報はスマホアプリで確認する。写真は三井住友カード ゴールド(NL)
[画像のクリックで拡大表示]
■基本スペック比較表
■基本スペック比較表
注)情報は2021年9月中旬時点。同年9月28日からJCBブランドのクレカもFamiPayにチャージできるようになった
[画像のクリックで拡大表示]
注)情報は2021年9月中旬時点。三井住友カード(NL)と三井住友カード ゴールド(NL)の基本還元率に記載したコンビニ大手3社は、セブン–イレブン、ローソン、ファミリーマートを指す
注)情報は2021年9月中旬時点。三井住友カード(NL)と三井住友カード ゴールド(NL)の基本還元率に記載したコンビニ大手3社は、セブン–イレブン、ローソン、ファミリーマートを指す
[画像のクリックで拡大表示]
続きを読む 2/2 三井住友カード ゴールド(NL)を選ぶ手も

この記事はシリーズ「日経トレンディ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。