2021年10月4日発売の「日経トレンディ 2021年11月号」では、「クレジットカード 最強の2枚」を特集。有力な高還元クレカが相次いで魅力を失う中、「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」が新たな候補として浮上した。スマホのQUICPayに設定して店舗で支払うと還元率が3%になる。22年4月まで2%が続く「Visa LINE Pay クレジットカード」と共に必携だ。

日経トレンディ2021年11月号の記事を再構成

高還元が魅力の「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」(左)と「Visa LINE Pay クレジットカード」(右)
高還元が魅力の「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」(左)と「Visa LINE Pay クレジットカード」(右)
[画像のクリックで拡大表示]

以前の記事を読む

 高還元のクレジットカードは、この1年半弱の間に有力カードが相次いで魅力を失った。還元率1.25%の「REX CARD」は2020年6月に新規募集を終了し、同11月には「リーダーズカード」が還元率を1.257%から1%に引き下げた。

 しかしそれらに代わる新たな有力候補が浮上。「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」だ。基本還元率は0.5%と並の水準だが、スマホのQUICPayに同カードを設定して店舗で支払うと3%に跳ね上がる。

【得ワザ1】QUICPayを使って還元率を3%に上げる

 この優待サービスは同カードのデジタル版が20年11月に募集を開始するのと同時に、リアルカードも対象にして始まった。「デジタル版がスマホ完結型であることに合わせて、スマホ決済での利用シーンに特化した特典を企画した」(クレディセゾン)という。QUICPayが使える店舗は大手の小売りや飲食店、大型商業施設を中心に拡大しており、高還元を享受できる機会は多い。ただし、ネットでの買い物やサービス利用ではこのメリットを生かせないのが弱点だ。クレカとしては、保険が付帯しない点にも留意したい。

■セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード (クレディセゾン)
■セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード (クレディセゾン)
1回当たりの上限金額は、Google PayとセゾンQUICPayが基本2万円、Apple Payは店舗により異なる。セゾンマイルクラブに登録している場合は対象外
[画像のクリックで拡大表示]
かざすだけで素早く支払えるQUICPayに対応する店舗は133万以上あり、利便性が高い(20年12月末時点)。左はApple Payに設定したQUICPay利用時の画面
かざすだけで素早く支払えるQUICPayに対応する店舗は133万以上あり、利便性が高い(20年12月末時点)。左はApple Payに設定したQUICPay利用時の画面
[画像のクリックで拡大表示]
■基本スペック比較表
■基本スペック比較表
注)情報は2021年9月中旬時点。リクルートカードの「スマホ決済に連係・チャージ(PayPay、au PAY)」と「電子マネーにチャージ(楽天Edy、SMART ICOCA)」はVisaとMastercardの場合(JCBは非対応)、電子マネーにチャージしたときのポイント還元は月合計3万円が上限。Visa LINE Pay クレジットカードの「ショッピング保険」の国内はリボ払い・3回以上の分割払いのみ
[画像のクリックで拡大表示]
注)情報は2021年9月中旬時点。P-one Wizの「スマホ決済に連係・チャージ」は、PayPayがVisaとMastecardの場合(JCBは非対応)、au PAYがMastercardの場合(Visa、JCBは非対応)
注)情報は2021年9月中旬時点。P-one Wizの「スマホ決済に連係・チャージ」は、PayPayがVisaとMastecardの場合(JCBは非対応)、au PAYがMastercardの場合(Visa、JCBは非対応)
[画像のクリックで拡大表示]
続きを読む 2/2 まだまだトップ水準の「Visa LINE Pay クレジットカード」

この記事はシリーズ「日経トレンディ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。