2021年9月3日発売の「日経トレンディ2021年10月号」では、「新興小売りチェーン」を特集。毎日消費する主食を、コスパの良い業務スーパーの商品に置き換えられたら――。できるだけコストを抑えて家計を助けるため、ファンからの支持が熱い商品を5点ピックアップし、調理しやすさや味を検証した。

※日経トレンディ2021年10月号の記事を再構成

[画像のクリックで拡大表示]

以前の記事を読む

 毎日消費する主食。これをコスパの良い業務スーパーの商品に置き換えられたら家計も助かるだろう。そこで、読者アンケートや業務スーパーに詳しい達人への取材を基に、ファンからの支持が熱い商品をピックアップ。調理したときの扱いやすさや、リピートしたくなる味かどうかを検証した。

 実際に食べてみて、自信を持って薦められるという結論に達したのは「讃岐うどん」だ。冷凍うどんは何種類かあるが、青いパッケージで「冷凍讃岐うどん」と書いてあるものがおいしい。5食入りで実勢価格は税込み158円。類似品でいうとイオンのPB商品が税込み198円なので、イオンのPBよりも安いが、「コシがあり、もちっとした食感」(料理家である成澤文子氏)が特徴。調理後温かいつゆにつけた状態で30分以上放置しても、あまり麺が伸びることは無かった。業務スーパー歴15年のマニアであるみえさねさんは「丸亀製麺に似ているという噂もあるぐらいおいしい」と言う。

【TRENDY BEST BUY】ファンの支持が熱い冷凍うどんはプロからも高評価
讃岐うどん(冷凍)

 扱いやすさ/1玉は200グラムでNB商品と変わらないが、個包装にはなっていない。ただ1玉ずつの塊で冷凍されており、問題なく使える

[画像のクリックで拡大表示]
成澤氏の味評価/コシがあり、もちっとした感じもある。時間がたってもあまり伸びない
成澤氏の味評価/コシがあり、もちっとした感じもある。時間がたってもあまり伸びない
[画像のクリックで拡大表示]

 業務スーパーが国内の自社関連工場で製造している「天然酵母食パン」も、1日2万本売れるというヒット商品だ。1.8斤で実勢価格は税込み246円。類似のNB商品1斤と、サイズの違いを加味して比べると約半額となるが、そうは思えないクオリティーだ。成澤氏は「耳まで軟らかく、通常の食パンよりも甘みがある。生食ではしっとり、ややねっとりとした食感も感じられた。焼くとカリッとして香りが立った」と評価した。

焼くとさらに香ばしさがアップする
天然酵母食パン(常温)

 扱いやすさ/しっとり、ふわふわの生地が特徴で、耳まで軟らかい。そのまま焼かずに食べるのに向く

[画像のクリックで拡大表示]
成澤氏の味評価/通常の食パンよりも甘みがある。焼くと表面がカリッとして香りが立った
成澤氏の味評価/通常の食パンよりも甘みがある。焼くと表面がカリッとして香りが立った
[画像のクリックで拡大表示]
続きを読む 2/2 薄焼き餅は、業スーならではの人気商品

この記事はシリーズ「日経トレンディ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。