2021年9月3日発売の「日経トレンディ2021年10月号」では、「新興小売りチェーン」を特集。食品スーパーの「業務スーパー」は、安さと独自性の高い品ぞろえが広く知れわたり、運営する神戸物産の直近の売上高は過去最高を記録した。さらに経営の効率化を図ろうと、ソフトバンクと手を組んで次世代型スーパーの実証実験を進める。来店者の利便性も上がり、当面、死角は見当たらない。

日経トレンディ2021年10月号の記事を再構成

[画像のクリックで拡大表示]

以前の記事を読む

 業務スーパーの勢いが止まらない。安さと独自性の高い品ぞろえが広く知られるようになり、同店を運営する神戸物産は直近の売上高を3400億円へと押し上げて過去最高を記録した。総じて割安感があり価格も安いのは、自社グループで製造するなどして各種コストをカットしているためだ。そして店には、輸入品や国内自社グループ製造品が並ぶ。輸入品の8〜9割程度は中国産だったが、近年は約半分に。国内製造品は、パッケージや値札にそれと分かる記載があり、「確認して買う人が増えている」(神戸物産)という。

 2つの特徴を持つ業務スーパーは中型規模の食品スーパーで、コンビニエンスストアより大きく、ドラッグストアとほぼ同じか、少し小さいレベルだ。一般的な食品スーパーが商品を1万点程度はそろえるのに対して、2000〜2500点に絞り込んでいるのも特徴。豊富な品ぞろえから選ぶことはできず、ナショナルブランド(NB)商品も少ないが、「割り切ったビジネスモデルのおかげもあって、ここまで成長できたと見ている」(加盟店として東日本を中心に110店以上を運営するオーシャンシステム常務の小野純平氏)。

■右肩上がりの成長が止まらない
■右肩上がりの成長が止まらない
注)神戸物産の有価証券報告書などを基に作成。前年比は編集部で計算
[画像のクリックで拡大表示]
■来店者の多くは一般消費者
■来店者の多くは一般消費者
注)客数ベース、コロナ禍前
[画像のクリックで拡大表示]

 今でこそ消費者が押し寄せる人気店となった業務スーパーだが、かつては違った。「約20年前、看板には今と変わらず『一般のお客様大歓迎』と書かれていた。にもかかわらず、本当に入っていいのか、何を売っているのかが分からないなどと敬遠されていた」(小野氏)

■約20年で全国にチェーン展開を達成
1981年 創業者の沼田昭二氏(現社長・沼田博和氏の父)が食品スーパー「フレッシュ石守」を兵庫県加古川市に開業
2000年 業務スーパー本部としてフランチャイズチェーン(FC)体制をスタートし、FC契約の1号店を兵庫県三木市にオープン
2002年 関東におけるFC契約1号店を神奈川県海老名市にオープン
2006年 大阪証券取引所(第二部)に株式を上場
2013年 大証と東京証券取引所の現物市場統合に伴い、東証に上場(第一部)
2021年1月 全国900店舗を達成
2021年2月 47都道府県への出店を達成
注)神戸物産の有価証券報告書などを基に作成

 2000年にフランチャイズチェーン(FC)展開をスタートさせた業務スーパーは、21年1月に900店を達成。小野氏が強みとして挙げる「ローコストオペレーションによって安く抑えられる価格設定と、独自性のあるオリジナル商品」が、消費者に少しずつ受け入れられていったことになる。SNSを含む、近年のメディアが果たしている効果も大きく、宣伝広告をしない戦略を取る神戸物産に代わって、業務スーパーの商品力を消費者に伝えている格好だ。

 とりわけ、国内でオリジナル商品を製造するグループ工場を取り上げた、19年放映のあるテレビ番組のインパクトは大きかった。安さの理由を製造工程の工夫という視点から説明し、「素材や産地について消費者に持たれていた誤解が払拭され、人気や知名度を一気に上げる起爆剤になった」(神戸物産)。その後の好調ぶりについては、消費者の多くが知るところだ。

続きを読む 2/2 ソフトバンクと手を組み、次世代型スーパーへ

この記事はシリーズ「日経トレンディ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。