半導体不足の影響を受けて正規ルートで買えなかった電子機器メーカーが非正規ルートで購入した結果、不正品をつかまされる被害が相次いでいる。真贋(しんがん)判定を手掛ける企業に持ち込まれた半導体のうち約3割が不正品だった。それでも背に腹は代えられないと危険を冒すほど、今の半導体不足は深刻だ。

沖エンジニアリング(東京・練馬)は半導体がニセモノかどうかを分析するサービスに乗り出した
沖エンジニアリング(東京・練馬)は半導体がニセモノかどうかを分析するサービスに乗り出した

 5月、電子機器メーカーが集積する中国・深圳。EMS(電子機器受託製造サービス)企業JENESISの藤岡淳一最高経営責任者(CEO)は背筋が凍る思いをした。

 工場に届いたばかりのマイコン(電子機器を制御する半導体)に電源が入らない。よく見るとパッケージの寸法も微妙に違うようだ。専門家に調査してもらったところ、メーカー名こそ本物そっくりだが、中身は求めていた仕様の品種とはまったく異なることが分かった。

 マイコンの代金の支払いは既に済ませていた。急いで調達先に問い合わせたが、後の祭り。何度連絡してもなしのつぶてだった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1988文字 / 全文2418文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「上阪欣史のものづくりキングダム」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。